<< 映画塾2日目 撮影合宿が終わって。 >>

映画塾1日目

映画塾が楽しみだったようで午前6時頃に目が覚める。
嘘です。脚本の印刷しなきゃいけなかったり、荷物も準備して無かったりで朝起きるしかなかったんです。前の晩お酒飲んでてそれから友達にヘッドホン借りたりしたんだから仕方ないけれど、少し眠かった。
準備を終えた頃にはずいぶん眠気も取れていて、朝ごはん会に行った友達の酒屋(兼コンビニ)で小道具の酒を買ってくる。途中雨が強くなりだしてちょっと憂鬱になる。
こういうことでもないと大量のお酒を買うことなんて無いが、1万円近く酒を買ってしまったのには自分でも驚く。ブラントンまでは無くてよかったかもしれない。まぁ、そのうちゆっくり呑もう。
そのまま木次に行こうとして箸を忘れているのに気づく、一瞬割り箸で良いのではないかと頭をよぎったけれど、やっぱり大事なアイテムなので思い直して家に取りに帰る。
母親に怪訝な顔をされる。
そこから一路木次へ、遅れても困るので高速を使った。実際そんなに変わらなかったのかもしれない、ただ、スピードを出すと頭が冴える気がした。高速を降りてから一旦コンビニへ……脚本のコピーを取る。

当日に決定稿渡すってどういうことだ自分。

コンビニでは去年も映画塾の取材にこられてたテレビ局のディレクターさんに会った。挨拶とちょろっと情報交換。雨具を買っているKさんを見て、うちはほとんど外の撮影が無かったので安心だと思う。その後、他のチームを心配した後、一瞬「よそのチームの撮影が苦しくなれば……うちの作品が相対的に良く見えてくるんじゃないか……」と腐った考えを頭に浮かべて自己嫌悪。最低ですね、私。

会場に着いたのは時間五分前くらい、去年参加して出会った人たちなんかも居られたんで挨拶などする。うちのチームのメンバーもそろっていた。主演の俳優さんはまだだったけれど、これは仕事なんで仕方がない。早速脚本を渡して微妙な顔をされる。「いや、打ち忘れてたところ入れただけですから」と思って口に出した気がする。

ガイダンスが始まって話を聞く。少し気持ちが盛り上がってくる。もともと盛り上がってはいたんだけども、大丈夫だろうかと心配にもなる。思うに任せないものだ。
ガイダンスが終わったのは11時過ぎ。煙草吸いながら雑談なんかした後で、食事を食べに行く。食事中に話をしたところ、みなさんいろいろ接点があったり無かったり。島根県は狭いな……と思う。この狭さは動くときにデメリットでもあるけど、大きなメリットな気もする。

食事を終えて打ち合わせをしていると俳優さんが登場。これでみんながそろう。その場で絵コンテを渡したりと出たとこまかせな感じな打ち合わせを終わらせてゆっくりしていると、みんなどんどん出て行く。少し焦る。煙草を少し吸ったところでいい時間になったので、小道具のうち無くなるもの(氷・酒肴)なんかを買って出かける。
ロケ先の奥出雲葡萄園はいいところだ。スタッフ・キャストの皆さんも「なかなかじゃないか」という顔をしてくれた。そう私が思ってるだけなのかもしれないけれど。しまね映画祭の映画塾部会長さんありがとうございました。「少し狭い」とか文句言ってすいません。

セッティングをしながら笑いを取りに行く、笑ってくれたので一安心。
それから撮影に入る。最初のリハーサルのとき助監督が私より先に「スタート!」って言ってくれた。いやね、段取りとかは3年参加してる彼のほうが詳しいんだけども、そこまでやってもらうのは。内心軽く凹んだが「最初くらい言わせてよ」とかいって和む。まぁ笑いが取れたからいいか。
なんか今年初参加の高校生カメラマンの子(男)はカメラのことえらい詳しい。聞いてみたら「マニュアル結構読んでます」とのこと……えらいなぁ、私とは大違いだよ。
ちょっと困ったことがあったときも、彼はすばやく対処「本部に電話する?」とか聞いた私が馬鹿みたいなので少しへこむ。自分が余計に明るくなるのがわかる。はぁ。

そんなこんなで一応1日目に予定していた部分の撮影は終了して、二日目以降の
撮影についてロケ先で検討。雰囲気良いので話が早い。

本部に戻ってからは、映像をマックに取り込んでチェック。意外と、出来が良いじゃないか。スーパーバイザーに覗き込まれ「よさそう」という旨のお言葉をいただく。自分でいい感じと思うのは良いけど、人に言われると恥ずかしいしプレッシャーだ。うれしいんですけど……ね。
その辺の作業を終わらせたりなんかして、喫煙スペースで煙草を吸う人たちと情報交換……ただの雑談。朝の雨は午後にはやんでいたのでよそのチームもある程度撮影が進んだようだ。「よかったなぁ」と思いながら一瞬頭の中で「そうかー」とかいやなことを考える。本当にいやな人間だ。別に競ってるわけでもないのに。
それから弁当食べながら反省会。前に出てなんか言ったけどよく覚えてない。腹が膨れて頭が回らなかったのかテンパっていたのか。その後旅館へ。歩いていくと荷物が多いせいもあってか結構遠い。途中女の子が泊まる旅館を見ながら「泊まりたいねー」とか馬鹿なことを言いながら歩く。旅館について荷物を広げてからだらだらしてると他のチームのカメラマンがたず
ねてくる。何話したかは内緒。それから適当に取った素材とか見ていると「ああ……ブームが見切れてない」とか思う。ずっとモニタリングしてるんだから私が気づかないとダメだよなとか思って少しへこむ。
その後カメラマンの子が鞄からモニターを取り出す。「携帯用のテレビデオ」は衝撃的だった。明日から撮影に使うことにする。少しすると女優さんが尋ねてきたので、また何度か撮影素材を見る。「もっとこうしたほうが良かったかな」とか言ってくれるので時間があれば取り直すことを決定。
その後風呂入ったり、よその部屋でいろいろ話したりなんかしたりして就寝。
[PR]
by tomo1y | 2005-09-28 21:49 | 映画とか
<< 映画塾2日目 撮影合宿が終わって。 >>