<< 元日の過ごし方(その2) 年賀状 >>

元日の過ごし方(その1)

だらだら3時過ぎまでおきていたので、目を覚ましたときには
新春ヒットパレードが始まっていた。
いつもの正月だと家族で挨拶したり、お茶飲んでお雑煮食べたりするんだけど
ことしはちょっと様子が違うので、そのまま11時ごろまでだらだらテレビを見ていた。

それから、着替えをして出かける準備。
職場の人が正月の交通規制にあわせて働いておられるので
陣中見舞いがてら、出雲大社におまいりに行くことにする。
どうせ道が混雑してるのはわかっているし、天気もいいのでバイクで行くことにした。
というわけで、着替えるときはズボンとシャツの下にスキー用のタイツをつけてみた。

で、お見舞いの品のみかん(父の実家から送ってきた名産品)を持ってバイクを車庫から出す。
……2ヶ月近く乗っていなかったのでエンジンがかからない。
10分くらいキックペダルを踏み続けて、5分以上暖気して、やっと出かける。
少々寒いが、お日様とタイツの力で、結構快適にバイクに乗っていられた。
で、途中で渋滞に巻き込まれそうだったり、警察の人に止められそうになったりしながら
なんとか大社の交番に到着。職場の人や、警察の人に挨拶して、みかんを食べてもらう。

それから出雲大社へ歩いて向かう。
考えてみれば出雲大社に初詣にいくのは初めてなのだ。
中途半端に近いとなんとなくこういう時期に行く気にならないものだ。
人は多いし、八足門の中に入ることは初めてだったから非常に面白かったし
チョコチョコ写真を撮ってみた。

結構な大枚を賽銭にして拝殿に参拝したが、何にも祈ってなかったのに気づいた。
それから本殿でもう一度参拝をして、いろいろ祈った。内緒だけど。
破魔矢が少しほしかったけど、バイクで持って買えるわけにもいかないのであきらめた。
縁結びのお守りも一人で買うのは恥ずかしかったのであきらめた。
……こういうところが、縁をなくす理由かもしれない。
おみくじは可もなく不可もなくな結果。
どちらかといえばいい結果だったと思うんだけど。
ちなみにお神酒が非常に飲みたかった。残念。

それから職場の人たちが、昔のJA大社支店で期間限定カフェを作っていたので訪ねた。
ぜんざいをいただいた。300円也。栗の甘露煮とか入ってていい感じ。
箸置きが椿の葉っぱだろうか?葉っぱを箸置きにするのっておしゃれな感じでした。
古来からの知恵でしょうか?昔の人は偉いねぇ。
一杯お酒を出してくれそうだったけどあきらめた。

それからいったん交番にバイクを取りに行く(もちろん許可とって置いてますよ)
で、交代した先輩にもお正月の挨拶をして日御碕に向かう。
バイクだとすいすいいけるので快適。善哉善哉。
途中で写真を撮りつつ、結構飛ばして走る。今つかまったらかっこ悪いなと思いつつ。

で、日御碕についてから腹が減ったので花房の海鮮丼をいただく。美味。
といったところで猪目を回って帰宅。寒いよ。

※写真をそのうちに。
[PR]
by tomo1y | 2006-01-02 22:17 | 日々思うこと
<< 元日の過ごし方(その2) 年賀状 >>