<< 仮面ライダーアフガン 第19話 ままにならないフリーサイズ >>

アーッフーゥガーーン

タイトルに深い意味は無い。ただ仮面ライダーが好きだったというだけの事。

JICA(国際協力機構)が実施する「JICA青年招へい事業アフガニスタン教育グループ」の参加者の方がいよいよ明日我が家にこられます。二日間と極短いホームステイなわけですが、楽しみなのが半分で不安が半分です。今回こられるのは23歳の青年。写真を見る限り年下には見えません。八割がた髭のせいだと思うんですけどね。

受け入れるのには気を使うところが色々とあるのですが、一つには食事の問題というのがあります。日本ではアレルギーとか以外に食べ物について気を使うことが少ないんですが、今回はムスリムの方なのでとりあえず豚はまったくもってダメ。詳しく調べてみると他のお肉も「ハラルミート」と言って定められた処理をしている肉以外は食べられないことになっている(※)らしいです。アルコールもダメ。
ちなみに姉はお好み焼き作るつもりらしいです。昔友達からムスリムの人にはお好み焼き評判良かったと聞いたらしいです。どんな友達だよ。「あんたもなんか考えろ」といわれたのですが、良い案はなかなか無い。刺身とかって安直だよな。

食事について特に詳しく調べたんですがそこに面白いことが。
アラビア半島に住む人々が遊牧民だったためかお客さんに対しておもてなしをすることが美徳のようです。その期間と言うのが3日間、最初に食べてもらった食事が体の中に残っている期間なのだそうです。ちなみに我が家も「3日間は客、後は働かせる」という不文律になっています。今回は二日なので関係ないですが。
もう一つ。おもてなしをするのも美徳なのですが、その逆でおもてなしをされる人にもかくあるべきという精神があるそうです。それは出されたものをきちんと食べるということ。いいなー。この精神。なんか友達になれそうな気がしてきた。
ただ食事が非常に多いときは家族の人たちも食べたりする可能性があるので、それなりに上手く残すというのもマナーらしいです。益々親近感がわく。適当に下級生に食べてもらわないと。

こういうことを調べるのは本当に楽しい。
次回、仮面ライダーアフガン第19話「にせライダー対アフガンライダー」
請うご期待。



ハラルミートが手に入らない場所というのもあるので、そういうところでは食べても仕方が無いと考えられる人もいるそうです。逆にハラルミートが無いなら食べないという人もいるそうです。個人の考え方によるようで、この辺難しいです。
[PR]
by tomo1y | 2006-02-03 21:19 | 日々思うこと
<< 仮面ライダーアフガン 第19話 ままにならないフリーサイズ >>