<< 仮面ライダーアフガン 最終話 アーッフーゥガーーン >>

仮面ライダーアフガン 第19話

今日からアフガンの青年が我が家にこられたわけです。
とりあえず迎えに松江にある県の国際センターへ。途中車の中で音楽かけてたんですが
姉に「こういう悪魔の曲(ロック)とか流してていいのかな」と聞くと「いいんじゃね」とのこと。
国際センターについたのは11時前。そこではじめてあったわけです。
マフトゥーンという魔法を封じ込められそうな名前の物静かな彼は24歳だそうです。
英語も話せる人もいたのですが彼の場合はごく簡単なものだけ。
現地語(ダリ語)の先生だから仕方ないけど
ようするにコミュニケーションとるのがすでに難しい。

とりあえず昼食には時間が早いので、松江城へ。久しぶりに行ったけどなかなかいい。
刀は「シャムシール」だそうです。そういう単語は無駄に知っている。
でも瓦を指差して「これなに」と聞かれると困ってしまいます。
そうこうしているといい時間になったので、お昼ご飯を食べに。
考えてみればいきなりカレーってのもどうかと思う。
でも外食でその辺に気を使ってるお店ってあんまりないもの。
ちなみに松江の「spice」というお店。ココのカレーはなかなか美味。

で家に帰る。
お土産をもらう。お菓子と服。男物の服なので私が着てみる。ゆったりした服でよかった。
だらだら話をしている。といっても指差し会話の本を使ってるので要領を得ない。
そもそも家の家族はあんまり会話用の本を読んでないし。
だいたいアレフバー(※)を右から左に向けて読む事自体しらんしさー。
しばらくお茶を飲んだりしてから(※)母と姉とでマフトゥーンを旧本陣記念館へつれてく
私はしばらくだらだらしている。

とりあえず7時ごろから晩御飯。結局混ぜご飯と鍋。
鶏肉が平気だったので鶏肉の団子と、鮭を出汁で炊いて食べた。
いろいろnobkさんに教えてもらった割には活かせていない。明日の昼はお好み焼きかな。

食事後今まで話をしていた。言葉を教えあったりといろいろ。
彼はスンニ派で、カブール近郊のカピサという町に住んでるということ。
ぜひきてくださいといわれたものの、なかなか難しいよね。平和な国になってくれるといいな。
ちなみにつけっぱなしのテレビにブッシュが映ってましたが嫌いだそうです。
ま、好きってことはないか。

といったところでおやすみなさい。

※アレフバー
文字です。最初の二つの文字の名前から「アレフバー」というそう。「いろは」とか「アルファベット」と同じ感じ。ちなみに言葉をよく見るとちらほら英語とかに似たものも。インド=ヨーロッパ語族恐るべし。

※お茶のとき
お茶のときマフトゥーンにもらったお菓子も食べたんだけど、そのほかにも机の上にあった豆。節分の福豆を食べていた。彼にあんなもんたべさしてよかったんだろうか。
[PR]
by tomo1y | 2006-02-04 23:30 | 日々思うこと
<< 仮面ライダーアフガン 最終話 アーッフーゥガーーン >>