<< 小学校の思い出(其の壱・弐・参) 重たい思い出 >>

中学生のころの話(其の1)

mixiのコミュニティには色々あるのだけど。地元のコミュニティというのもある。で時々覗いている。はじめましてと書き込んでいる人の文章を見ると、中学校時代に出会った強烈な先生の名前があった。

先生はありていに言って怖い人であった。陽気にギャグを飛ばしたりもするのだが、厳しい人でもあった。自転車乗車時はヘルメット着用という校則があったので、ノーヘルやらあご紐を締めてない生徒を見ると、車の中から怒鳴ったり、車を止めて叱ったりしていた。生徒に人気のある先生ではなかったと思う。
しかし基本的には悪い人では無いと言うのもうすうす感じていた。今になって思えば、あれだけ生徒を叱れるというのは尊敬してもいいと思う。S先生は自分のやり方で真剣に生徒に関わろうとしていたのだと思う。
また、先生は進路指導も担当しておられた。私には私立高校の進学を妙に進められたのも思い出だ。公立の進学校を受験しようとしていたのだが「お前は私立の高校言ったほうが伸びる」といわれた。東大とか京大にいけたかもしれない(※)と思うと少し考えるものがある。

先生には、本屋の駐車場で生徒を叱っていたら警察が来たという逸話がある。その噂を私は否定できない(※)

なんか先生に対して嫌な感じのことを書いてしまっているが、やはり面白い先生であったと思う。尊敬に値する人だと思う。とってつけたように書いているが、これは本当。


小太り。坊主。軽く色の入ったようなめがね。そして叱るときの言葉遣いが荒い。先生が生徒を叱っているシーンを知らない人が見れば、ヤクザに子どもが絡まれていると思うだろう。私でもそう思う。

件の高校から東大進学者が出たという話は聞いていない。
[PR]
by tomo1y | 2006-02-08 18:16
<< 小学校の思い出(其の壱・弐・参) 重たい思い出 >>