<< ネタもないので写真など(2) 1人のいかれる。 >>

ミーハーですいません。

あまりにも取り上げられてるだろうからやめようかともおもうけど。

フィギュアスケートでアジア人初の金メダル。荒川選手格好いいです。
最終組だけでも見ようと思って、6時に目覚めるが二度寝。気がつけばスルツカヤが滑ってた。「スルツカヤはいい!荒川を映せ!」という感じでした。一度は引退も考えたという荒川選手が金メダルを取ったのもドラマですが、世界のトップスケーターでありながらオリンピックを勝ちきれなかったスルツカヤや、コーエンも十分ドラマだと思いました。
言い出せば人間なにか苦しい思いをしながら生きているものだから、どの選手にもそれぞれドラマはあるんだろうなと思います。勿論すばらしい演技をして君が代を聞かせてくれた荒川選手には最大級の賛辞を送りたいですが、それだけでなく他の国の選手であってもきちっと認められる観客でありたいものです。

スルツカヤ選手の滑走の後にNHKのアナウンサーがミシェル・クワンの言葉を紹介していた。「五輪の金メダルは長い間の夢だったけれど、生涯かなわなくても後悔はない。それがスポーツの美しさだから」正直痺れる。

さて、職場でも早起きしてみた人も多かったようで、私を含め俄かコメンテーターが急増。オリンピック競技のルールの改定やらメダル取れない人への同情やら批評やら、色々と話が出ておりました。

そのうちの一つ
ともいち:友 先輩:先
先「安藤は沈んだね」
友「四回転成功しても厳しいですからね」
先「そうだね、実際は失敗したしね」
友「なんというか、身体が絞れてないですもんね」
先「君がそれを言うのか」

言論の自由って大切だと思います。
[PR]
by tomo1y | 2006-02-24 18:29 | 日々思うこと
<< ネタもないので写真など(2) 1人のいかれる。 >>