<< 弓道部 大分から(其二) >>

割とスポーツがすき。

いま、WBCの決勝戦を見ている。
オリンピックの野球も面白いのだけれど、
内野まできれいに芝生の張られたメジャーのスタジアムで、
カクテルライトの下、日本代表ががんばっているのは、少し感動を覚える。

野球に限らないことだけれど、スポーツの空間には観客が非常に重要であると思う。
もちろんそれが無くてもスポーツは成立するのだろうけれど、
それでもある意味で祝祭的空間であるスタジアムには観客がいなくてはならない。
その歓声や怒声、ため息がスポーツの空間を一層感動的なものにするのだ。

そういう意味ではいろいろと問題もあるであろうアメリカでの開催も価値はある。
メジャーの球場って確かにうらやましくなるほどの空間に見えるのだ。
スポーツの文化ってのはこういうこともあるのだろうと思う。

もちろん日本の野球場の鳴り物による応援もすきなのですけどね。
それはそれで一つの文化。

さて、一回表。田村デッドボールで日本が一点先制。
王監督喜びすぎですが、気持ちはもう、ものすごくわかる(笑)

追記:
優勝は素直に喜びたい。
最後ピッチャーを捨て身で投入して、粘りに粘ったキューバも称えたい。
[PR]
by tomo1y | 2006-03-21 11:36 | 日々思うこと
<< 弓道部 大分から(其二) >>