<< 鳥山明はやっぱり天才だと思う。 萌えバトン >>

NTT西日本はくるっていると思います(いい意味で)

日本の最西端の与那国島でブロードバンド環境が整いつつあるらしいです

NTT西日本与那国町は正直尊敬します。
離島でブロードバンド環境が提供されるということは、
インターネットが重要なインフラになっているということなんでしょうね。
マイクロ波で伝送するとか言うのが若干不思議ですがソレは僕の知識不足でしょう。
これを導入していかれるのには、役場・地元の人・そして企業の三者にとって
色々とご苦労があったんだろうなぁと思います。

都市部の人は選択肢も多く、快適なサービスを民間によって提供されているのですが、
地方はなかなかそういう選択肢が無いのが現状です。
少なからず工費が投入されているので「公共事業」なわけですが、
こういう公共事業に批判の声が上がらないといいなぁ……と思います。

しかし与那国町役場の中の人は、ブロードバンド環境が無いのにPDF使いすぎかも。
わたしの職場のサイトのトップページもナローバンド環境の方には嫌がらせのようなソースですが。

しかし与那国町のラスパイレル指数は80ちょい。大変だなぁ。
そして補職名がぜんぜんうちとは違うな……公務員の補職名はそろえたほうがいい気がする。
[PR]
by tomo1y | 2006-04-10 21:06 | 奥深い世界
<< 鳥山明はやっぱり天才だと思う。 萌えバトン >>