<< 自分がバカだなぁと思う巻 4月17日(晴れ) >>

ミラクルバナナ

しまね映画塾の塾長錦織監督のミラクルバナナを見てきました。
「ハイチの領事館に赴任した女性がバナナの茎の繊維から紙を作る」
一言で言えばこういうストーリーで、驚くべき事件や絶望に打ちひしがれるような人は出てきません。
近頃見るような、滂沱の涙を誘うようなお話じゃありません。でも、なんつーか少し切なくて幸せなお話です。
うん。がんばってみるのいいな。と思わされるような映画でした。

ハイチと、愛知・岐阜を舞台にした映画ではありますが、海外ロケの多くはドミニカで
ハイチの政情もあって、なかなか撮影には苦労があったようです。
監督楽しそうに語ってるからわかりにくいですが。

【気になった点。】
バナナの木が重要なアイテムなわけですが、映画の後半ではじめて出てきます。
印象深くなるわけで、なんつーか計算されてるなと。

ハイチと愛知。日本語で言えば違いますが、フランス植民地だったハイチではHを発音しないので当然アイチに近い音。
たぶん愛地球博の関係もあったんでしょうが、面白い偶然。狙ってたら凄いと思う。

子供のいい顔は人を幸せな気分にさせるね。
ショタでもロリでもないけどそう思う。

こういう真綿でしめるような表現ができるのっていいなと思う。
[PR]
by tomo1y | 2006-04-18 22:52
<< 自分がバカだなぁと思う巻 4月17日(晴れ) >>