<< サリエリ派なんですよ。僕は。 覚書 >>

最初は帰宅部になるつもりだったんだけどな。

中学校時代の部活の友達からマイミク申請されちゃったりなんかしちゃったりして。

単純に言えば、騙されて柔道部に入った。
小学校の頃からよく知っている先輩が「柔道部は楽だぞ」と教えてくれた。
ちょうど「僕」が中学校に入学した年に顧問の先生が変わったので、結果的にそれは嘘になった。
柔道部に入ってしまってから割りと後悔した。痛いし、しんどい。

受身というのは痛みが無くなる魔法の技でもなんでもなくて、
しないと凄く痛いのが、我慢できるくらいに痛くなるくらいのものであった。
実際他の部活とは比べられないものではあるが、練習もそれなりにしんどかった。(注1)
元来運動神経に不安を抱えている僕としては、ついていくのがやっとだった。
結局なんだかんだと言って3年間続けられたのは柔道部の連中が面白かったからに尽きる。

しかし、何ゆえか柔道部の連中は妙なところで連帯感があった。
以前書いたエロ本の話もそうなのだが、それとは逆に休むと怒るのだ。
3年間部活してりゃ、たまにはサボりたくなるのが人情というものだが、
柔道部の鉄の結束はそれを許さない雰囲気があった。
てゆーか実際休むと、練習用のマットに包み込まれて、殴る蹴るの暴行を加えられる。
……今冷静に考えると軽いイジメですな。キレたO君に殴られてコンクリ壁に頭をぶつけました。

練習後は大体いつも、今はつぶれてしまったコンビニ(注2)の脇で
ジュースを飲んだりしていた。大体話は誰が好きだとか言うたわいも無い話。
中学生らしくてほほえましいでしょう?俺も言うからみんな言え!見たいな話。
だんだんエスカレートしてきて、俺告白するからみんな告白しろ!になったのも
今冷静に考えるとおかしいやね。あんとき幸せになっちゃった奴はなんなんだろう?くそっ!

気分でそのうち続きます。

(注1)
隣で練習してた剣道部はヤバい感じだっだ。
全国大会に出て当然という部活だったのでそれは当然かしれん。

(注2)
んー営業時間的にはギリギリコンビにだと思う。おっさんが面白い店だった。
最近の店は店番のおっさんが面白くない。お釣り30万両とか言って欲しいですよ?俺は。
[PR]
by tomo1y | 2006-06-05 22:23
<< サリエリ派なんですよ。僕は。 覚書 >>