<< サリエリ派なんですよ。僕は。 覚書 >>

クールビズの季節が来ましたよ。

遅まきながら家の職場でもクールビズでやる旨の指示が人事からあった。
ネクタイ業界の人なんかはやっぱり思うところもあるのだろうけど、
やっぱりいいことだと思う。何よりも楽だ。

楽を求めていくというのは必ずしもいいことばかりではないかもしれないけど、
長続きして何かをやるためには楽とか、楽しみとかってのが大切なんだろう。
この「らく」と「たのしい」という言葉が同じ漢字というのは興味深い。

全ての人が……ではないんだろうけど、基本的に人間は横着な生き物だと思う。
だからこそ科学技術が進歩してるともいえる。
より速く・より強く・より遠くへというオリンピックのキャッチフレーズは
多くの人が日常の中で求めていっていることだろう。
こういう風に人間が向かっていくことは、なかなかとめられない。
都会人が田舎の人間にスローライフを説いたところで簡単には理解されない。

確かにそういう風潮は犠牲にしているものも多い。
モータリゼーションの進展は排気ガスの問題・交通事故の問題など色々な問題を生んだ。
でもいまさら無しではいられないのだ。

結局そういったことを解決していくのにも利便性とか楽しみが必要なのだろう。
実際今の車より低公害な交通機関のほうが便利であればそっちに人は流れる(※)
慶応大学の清水教授は言う。
「エコカーと言えばスピードが出ないのが当たり前という風潮に疑問を感じる」
実際慶応大学と産学連携して作られた電気自動車Ellica(エリーカ)はポルシェより早い。

環境問題に限らず、現代の社会の歪みと呼ばれる物を修正していくには
「楽」であることが多分必要なのだろうと思う。
それをきちんと提示することも仕事かなぁ。
街づくりの楽しさか。


勿論、純粋な楽しみとしてガソリンエンジン車を楽しむ人は消えないだろうけど。
[PR]
by tomo1y | 2006-06-05 22:23 | 日々思うこと
<< サリエリ派なんですよ。僕は。 覚書 >>