<< 高校に何を求めるのか? 今年ももうツールの季節ですか……。 >>

winny

Excite エキサイト : 社会ニュース

winnyの開発者に検察側は懲役1年を求刑するようです。
んー、「銃が人を殺すのではない、人が人を殺すのだ」というのは全米ライフル協会ですが。
winnyのまとめサイトを読んだりした限り、47氏ことwinnyの開発をされた方が、
著作権についての何らかの意図を持っていなかったというのは無理があるでしょうな。

しかし、このソフトは必ずしも著作権を侵害する形でのみ使われるものでないのは事実。
日本刀の刀匠が検挙される……という話はきいたことがありません。
実際ね、コレを使って法律を犯している人はどの程度法律を犯している意識があるんでしょう。
たとえばCDをMDにダビングして友達に渡す……なんてのも犯罪なわけですが、
結局お目こぼしされてたわけですよね。費用対効果の面もあって。
そうすると生テープを作ってる業者もつかまらなければならない理屈でしょうね。

セキュリティ的な面で問題が出てきたのは必ずしもwinnyの問題ではなくて
どちらかというとwinnyがこれほど普及してしまったのが問題なわけだろうし。

まぁ、著作権で食べている人もいるわけで(※)その人にとっては死活問題かもしれないけれど、
認められるクオリティのものはそういうの関係なく稼げるという部分もある。

著作権というもの自体が、この時代においてはアップデートが必要なのかなとは思います。
ただ、あまりに無節操にダウンロードだけするってのはあんまりかっこいい行動ではない
という気もしなくもないんだよなぁ。

結局創作なり開発なりする人にお金が回っていかなければ、
便利なソフトも絶滅する恐れがあるわけだから。

※原著作者とか開発者についてですよ。JASRACの手法には疑問も少々。
[PR]
by tomo1y | 2006-07-03 23:13 | 日々思うこと
<< 高校に何を求めるのか? 今年ももうツールの季節ですか……。 >>