<< 人はパンのみにて生きるにあらねど。 ミラクルバナナのCM撮影! >>

あんまり先生が好きではなかった。

<中教審>教員免許更新制の導入柱に答申まとめる [ 07月11日 19時25分 ] Excite エキサイト : 社会ニュース

まぁ、正しいのだろうとおもいます。教職員の人も学ぶ立場に時々は立つべきでしょう。
仕事柄教職員の方からも電話をいただきますが、態度は千差万別。
電話一つとっても、何かしてあげたいと思わせる方から、横柄だなぁと思わせる方まで。

よく言われる話で、先生は社会を見ていないといわれます。
そういうこと関係なく立派な方も居られますが、上から物言うことに慣れきっている人もいます。
やっぱりそういうのは生徒さんにもわかるわけで、先生は十分気を配らないと。
たまに30時間程度の研修したところで意味はないと思うのですよ。正直。
多分一番の目的は先生も緊張感を持つことなんでしょうね。

もちろん学校を取り巻く状況が厳しいのも、先生が楽でないのも理解できますが。
生徒を通じて自己実現しようとする人や、なにかプライオリティの間違っている人がおられます。

自分を見つめなおす機会は大切でしょうね。
ひとごとじゃぁないけれど。


独り言。先日日教組からのビラが職場に。
「国民は教育基本法の改正に反対しています!」との文字。
賛成している人は国民じゃないのかしらと思ったから問い合わせようと思う。
問合せ先はないのでHPを見る。メアドが一つあるだけ。
メール送ってみたけど返事はない。

広告的手法だというならそれはそれでいい話なのだけれど。
教員の職員団体としてはちょっと配慮に欠けた広告。
[PR]
by tomo1y | 2006-07-11 20:35 | 日々思うこと
<< 人はパンのみにて生きるにあらねど。 ミラクルバナナのCM撮影! >>