<< 1じこん。 「教育って」様へのご返事(その二) >>

最近毎日更新してないのは。

身内に不幸があったとか、かわいい彼女ができたとか、そんなことではなくて。
GBA版(※)のFF5が楽しくてしょうがないからというような話。
言えばSFC版(※)のリメイクなわけで、今見ると古いんだけどね。
キャラクターにしたって多分16×16のドット絵なわけだし。

しかしまぁ、面白いんだこれが。
多分に懐古趣味といわれるんだろうし、それはそれで間違いじゃない。
上にも書いたけど、今の主流になっているポリゴンで表現されたゲームとは表現力も違うし
演出にしたってごくごく簡単なもので、情報量というのは圧倒的に少ない。
ただ、それだけに想像する余地があるというのもまた成り立つわけで……
RPGとしてはどちらかというと正しいのかなぁという気もする。

そもそも(※)RPGというのは「ロールプレイングゲーム」で、
要するにルールの整ったごっこ遊びというようなものである。
元はサイコロと会話で楽しむゲームなので、
むさいおっさんが絶世の美女を演じたり、50過ぎのおっさんが子どもを演じたり(※)もする。
まぁ、そういうものなので、あんまりあんまり型にはまって楽しむものでもない。

情報をすべて提示するというのも、知的好奇心を満たすものではあるのだけれど、
それよりさらに、どういうことなのかと考えることのほうが楽しいことなはずだ。
正直、ある種の変態(※)にとっては。

想像の余地が広いというのは本当に楽しいことだよね。

ちなみに来月またFF6が発売されるのよね。
多分買うだろうし、また猿のようにやってしまうような気がする。
問題はアレだ、エドガーがドリルで無敵(※)になるかどうかだ。

※GBA……Game Boy Advanceの略。なんというか今時の子どもはうらやましいのぅ。
※SFC……Super Family Computerの略。なんというか青春?の一部。
※なんというか、私「そもそも」とか「元来」とか好きだよね。うぜぇ。
※痛いとか言ってはいけない。そういうのを遊びとして楽しめる心の余裕ってのが大切ですよ。
※これはまた続けて書いてみる。
※SFC版のFF6の有名な裏技。登場人物のエドガーがなぜかよろいとして「ドリル」とか「オートボウガン」とかを装備できるという裏技で、それらの装備がえらい守備力が高い。ただ、考えると、よろいの代わりにドリルってどういうことだよ?とかいろいろ考えさせられる裏技。でもドリルってロマンだよね。ロマン。「ドリルがあるのか、無いのか。問題はソコだ」とシェイクスピアばりに考える大きなお友達は少なくないはずだぜぇ
[PR]
by tomo1y | 2006-10-19 19:53 | 日々思うこと
<< 1じこん。 「教育って」様へのご返事(その二) >>