<< ダンスとか演出とか。 北海道に行って見た。 >>

コンテンポラリーダンスを見てきました。

出張から帰った勢いで、シアター千住で行われたダンス公演
「Noism07 PLAY 2 PLAY -干渉する次元」を見てきました。
ノイズムって、新潟の公共ホールのもってるダンスカンパニーなんですよね。
公共ホールがダンスカンパニー持ってるとかすごすぎるだろ。マジで。

で、コンテンポラリーダンスとか初めてですよ。
しかも、調子に乗って舞台上座席とかにして見ました。近い。超近い。
正直なにもわかんないけど、思ったことを書いてみる。

1:
バレエ見たときも思ったけど、人間の身体ってすごいよなぁ。

2:
あの複雑な動きを、どうやって演出するんだろうか?
見せて伝えるようなものなのかな?演出家が踊って教えるのか?
というか、2人が絡む動きをどうやって演出し切れるんだろうか。
ある意味で、完全に演出することのできない芸術なのかもしれないなぁ。
だからこそ逆に面白いとか、逆にすごいものが生まれる可能性がある、のかな。

演劇とか、映画も同じかもしれないなぁ……。

3:
近すぎて、ダンサーの吐息が聞こえたり、汗のしぶきが見えたりするのは素敵。

4:
今日の演目が……なのかもしれないけど、なんつーかエロい。
セクシーなものを非常に感じました。これ、正しい感想なんだろうかww

5:
舞台上客席って、通常の客席と反対側から見ているから、考えてみると
通常の演出で見れてないんだよなぁ……。もう一回見ないといかんのかしらん。

全部分かったなんていえないですが、でも面白かった。というか70分が長くて長くて
正直集中させられて疲れました。面白いものをみるといつもこうだよ。
アフタートークも聞きたかったですが、出張疲れもあったのでおとなしく帰りました。

しっかしダンサーのひとらカッコいいわー。結婚して欲しいわーwww
帰りにシアターの地下に降りたら、丸井の地下街で安くお惣菜が買えました。最高。
[PR]
by tomo1y | 2007-05-10 22:36 | ○○に行ってみた
<< ダンスとか演出とか。 北海道に行って見た。 >>