<< 言及:作劇上の観点から。 ダンスとか演出とか。 >>

Noism07 追記

Noism07の公演を見ていて思ったことがもう一つあったので追記。
舞台上の席から見ていたので、普段舞台を見ているとあんまり見えることの無い、
どちらかと言うと普通の動きと言うのも見ることができた。

これも演出の範囲内なんだろうけど、
ダンサーの動きはやっぱり歩いているだけでも美しいと感じた。
武道をやっていて高段者の動きと言うのも見る機会があって、
それもとても美しいものだったんだけれど、チョット違うように思う。

それは舞台と言うところでの動きだからなのだろうか。
……とすると、舞台上の動きはすべてダンスといえるんだろうか。
でも、舞台じゃないと彼らダンサーは踊れないわけではおそらく無くて、
例えばワークショップで学校の教室行ってもそこら辺の道端でも踊れるだろうと思う。

単純に私が「ダンサー」をありがたがっているだけなのかもしれないけど、
それはなんか違うと思いたいし、別にありがたがるほどそもそも知っちゃいない。

逆説的に動きがダンスだと理解されるような人をダンサーと呼ぶのかもしれない。
そうするとただそこにあるだけで彼はダンスをしてるってことになるのだろうか。
それもチョット無理があるか。

ぼちぼちダンスも見ながらこの辺考えてみたい。
[PR]
by tomo1y | 2007-05-14 22:54 | ○○に行ってみた
<< 言及:作劇上の観点から。 ダンスとか演出とか。 >>