クラシックの彼方と此方 >>

JCDNとか!

JCDNの「踊りに行くぜvol.8」が鳥取の「鹿の劇場」で開催されたそうです。
11月24日に公演だったと言うことです。このへんでも紹介しておられます。

JCDNブログ
fringe
日本海新聞
コンテンポラリーダンス、言い換えると「現代ダンス」とか「現代舞踊」とかでしょうか。
ダンスとかなんか敷居が高そうとか訳が分からんという風に思われる方も多いと思うのですが、
割とそうでもないのかなと言う風に個人的には思っています。
きちんと考えて分析とかするためには、ダンスの歴史にたいする知識とか
「現代」についての常識とかも必要なんだろう……とは思うのですが、
音楽とかを聴いて背景とか知らなくても「好きだなー」と感じるのと
同じ様に、知識が無いなりに楽しめるジャンルの舞台じゃないかなと。

鳥の劇場には、一回見学にお邪魔したことがあるんですが、
他所にはない素敵さを持った劇場でした。
勿論、小学校とか幼稚園のスペースを使用した場所なので、
専門の劇場に比べれば、色々と具合の悪い点もあるでしょう。
鹿の劇場を本拠地にして活動しておられる「鳥の劇場」の方も
空調や音の問題と言ったところの話も見学の時してくださってました。
ただ、雰囲気はもの凄く良い。
手間をかけてそういう雰囲気を作っておられるのも勿論でしょうけど、
そこを拠点にして活動している人がいる、そこに人が集まれるっていうのが大きい気がします。

ちょうど24日を挟んだ連休に島根にいたんだけど……用事の当たり日だったのであきらめました。
かなり盛況だったようなので、行けなかったのが本当に残念。
また鹿の劇場でこういう機会が無いものでしょうか。個人的にはアルと睨んでます。
次があったら必見ですよ。山陰の人は。

※JCDN=じゃぱん・こんてんぽらりー・だんす・ねっとわーく
[PR]
by tomo1y | 2007-11-27 19:26 | 日々思うこと
クラシックの彼方と此方 >>