2006年 02月 14日 ( 4 )

脚本「星と願いと」

とりあえず完成した脚本「星と願いと」を公開しております。
見てやるかという方は以下のリンクをクリックしてみてやってください。
PDFですがMacだと文字化けするかも。
とりあえず2月いっぱいは公開しておきます。

「星と願いと」

メールでもコメントでもいいのでぜひご感想を。辛口上等です。
てゆーかMなので辛口のほうが気持ちいいです。
[PR]
by tomo1y | 2006-02-14 21:51

リンク

森山大道オフィシャルサイト
蛙男商会 kaeruotoko.com
光の道 オフィシャルサイト

副館長のひとり言

mothermoon

kashipanumi
brilliant

演劇集団きらめき弾
[PR]
by tomo1y | 2006-02-14 21:43 | リンク

レッツグルーヴ

ウィズ・ミリオンナイツ。

人の日記を見るといろいろと思い出すことがある。
「ピエールとカトリーヌ」という言葉を見て、ミリオンナイツのことを思い出した。
ミリオンナイツというのはJFM系列でやっていたラジオ番組で、中学時代~高校時代にかけて「僕」の思い出のラジオ番組でもある。パーソナリティが変わりながら続いていたのだけど、基本的には赤坂泰彦氏がパーソナリティを務める赤坂泰彦のミリオンナイツが大好きだった。

この番組を聴きながら本を読んだり勉強をしたりするのが僕の日常だった。部屋にテレビなんて無かったので、この番組を聴くのを毎日楽しみにしていた。洋楽を聴くようになったりしたのは、背伸びをしたかったというのもあるけど、この番組のおかげでもあると思う。このころ買ったCDは今でも我が家においてある。
なぜこんなに熱心に聴いたかといえば、時々くだらない曲を流していたからというのもある。冒頭の「ピエールとカトリーヌ」もその一つで、エロイ歌詞が衝撃的だった。そしてなによりマリチャンズの「尾崎ん家のババア」という曲は衝撃的だった。エアチェックしたそのテープを中学校の放送にかけたこともある。
考えてみれば今でも仲の良い親友とは「尾崎ん家のババア」のおかげでより仲良くなった気がする。やな友情だなオイ。

最近ではめっきりラジオを聴くことは減ってしまった。
[PR]
by tomo1y | 2006-02-14 20:45

フラットな視点で

昨日職場で組合の「男女平等アンケート」というのを渡された。
男女平等についての考え方を問う設問に、こんなのがあった。

1:女性が仕事を持つことは良いが、家事・育児・介護等もきちんとすべきである。
2:女性には細やかな気配りが、男性にはいざというときの決断力が必要だ。
この問題については、「そう思う」から「そう思わない」までの四段階と「分からない」の計5つの回答が設定されています。試験のテクニックではないけれど「そう思わない」というのが、男女平等という観点からアンケートの設定者が期待する正解なのでしょう。

わたしはこの設問をそのとおりだと思います。

1番の設問はその通りであるはずです。ただ、私はだからと言って男が家事・育児・介護等をきちんとしなくて良いとは思わないだけです。2番の設問も同様。男性も気配りは必要ですし、女性も決断力が必要ですが、この設問だけ見れば正しいと思います。私はいずれの設問も人間として大切なことだと思うので、それは男女の別無くあてはまります。

たしかに「は」「が」といった助詞には「○○は××だ(しかし、○○でないものは××でない)」といった用法があります。しかしこの表現はある程度共通の意識を暗に要求するものではないかと思うのです。たとえば1の設問について「そう思わない」という人は文章の後に「~すべきである。しかし男性はそうではない」という言葉を無意識に補っているのでしょう。

この設問には、「男女は平等ではない」という設問が求められているように思います。しかもそれが無自覚であることが、非常に根が深いように感じます。勿論その辺を全て見越した上でアンケートの設定をされているのかも知れませんが、私にはそう思えません。
「当然としている前提条件」を見つめることってのは必要なことではないでしょうか。

屁理屈かもしれませんが。
[PR]
by tomo1y | 2006-02-14 19:10 | 日々思うこと