2006年 09月 12日 ( 2 )

もしも○○がなかったら。

JASRACの人に怒られそうなので、タイトルは伏字。
うちの中学校の先生は、なんといっていいかわからないが熱血的な先生が何人かいた。
どっちかと言えば日教組的熱血だったのかもしれないが、それはまぁいい。
イベントを生徒手作りのもの、かつ参加型のものにしたくて仕方がないような先生たち。
まぁ、それは別に問題ないだろうと思うけれど、変なイベントは増えた。

その一つで、卒業式がだいぶ変わった。
当時中学二年生だった僕らは、卒業生を送る在校生として合唱の練習とかを何かとやらることになった。
その一つに、ちぎり絵の作成と言うのがあった。で、僕はその隊長に任命された。
有体に言ってあんまりテンションのあがる仕事ではなかった。
第一誰がそんなもんの下絵を書いてくれるのか……。大体中学校の先輩なんて
威張り散らすのが仕事だと思ってるようなもんである。個人的に何人か好きな先輩はいたけど、
卒業生に向けてちぎり絵の壁画作るなんて仕事は、そんな楽しいものではなかった。

下絵を書いてくれる人が見つかって、実際にちぎり絵を張る作業になる。
基本的には淡々とした、つまらん作業である。そんなことを真面目にやってられないので、
放送室でチョッパって来たラジカセをかけながら、だらだら雑談しながらやっていた。
シャ乱Qの「シングルベッド」は、もういいわって言うぐらい聞いた。当時は人気があったのだ。
まだメンバーの一人がドラッグをキメて捕まったりはしてなかったのだ。

クラスメイトの一人は「シャ乱Qはもともと3つのバンドが一緒になってああいう名前なんだぜ」と
女子と雑談していた。手を動かせ手を。ちなみに3つのバンドがなんて名前だったかは彼の口からは聞いてない。
隊長が適当なんだから、クラスメイトが適当になるのも当然。僕らのちぎり絵壁画は迷走を続けた。
僕らと同じに壁画を作ることになっていた2年2組の壁画を偵察に行ったクラスメイトが
「あいつらバカだろ」と言っていた。ま、気にすんな。

そうこうしているある日。あるクラスメイトが1本のテープを持ち込んだ。カセットテープて。
古ぼけたそのテープには「太陽戦隊サンバルカン」と書いてあった。
サンバルカンのオープニングテーマがロックマンの音楽に似ているんだそうだ。みんな食いついた。
カセットを投入して、スイッチを押すと、確かに似てる。
「何でお前こんなんもってんの?バカだろ」
「あははー」
などというやり取りの最中、サンバルカンの歌が鳴り響いていた。
そこで僕らはふと気づいた。なんか、歌詞がすげぇ。子供がイェーイとか言ってる。と。

それからのことは良く覚えていない。
気づけば誰の発案か、黒板に聞きながら起こした歌詞がびっしり書いてあった。
それを見ながらその日の作業が終わるまで僕らは歌っていた。女子は雑談していた。
なんというか、高揚感と満足感に包まれていた。意味がわからない。

次の日以降サンバルカンの話題はほとんど出ていない。
今になってみると、なぜあんな歌にあの時あれほど盛り上がったのかわからないけど
今でも時々サンバルカンの歌を思い出す。なんだそれ。

ちなみに2年2組の壁画の対面におかれた僕らの壁画は、ソレはソレは貧相。でも泣いたりはしない。
[PR]
by tomo1y | 2006-09-12 23:48

マキシマムザホルモンのライブに行ってきた。

友達が取ってたチケットに空きが出たので、米子までライブ見に。
良かったけど相変わらず疲れる。ライブに耐えられる体力作りが必要。
なんか左足挫いたしww脂肪のせいかしらwww

しかし、相変わらずライブが熱い。
また山陰に来て欲しいなー。
[PR]
by tomo1y | 2006-09-12 23:32 | ○○に行ってみた