2007年 01月 22日 ( 1 )

オカマバーに行ってきた件

この土日と福岡のほうにちょっとした旅行に行ってきてました。夜は中州近辺泊まり。
んで、題名の通りオカマバーに言ってきたのですよ。コレがなかなか面白いところでした。
店のスタイルは基本的に普通のキャバクラとかと変わらない感じ。
セットで頼めば、ドリンクは選べる範囲で飲み放題。ただ、お店のお姉さん(※)の飲み物は別。
チャーム(※)も適当に出る。シャンパンとか入れたければ入れても可。

特徴といえば当然お店のお姉さんが全員遺伝子的に男な事(※)と
店の前にショーをするためのステージが(※)設置されてること位。

で、まぁ何人かでお店に入って飲んでたわけですよ。
で、テーブルに何人かお姉さんがついてくれるという格好なんですが、話が面白かったわけです。
キャバクラとかは、非常にプロ意識のあって楽しませてくれようとするお姉さんもいるんですが、
お酒注いでるだけみたいなお姉さんもいるわけです。それでこっちが楽しい話とかしてると
俺は一体全体何をしにきているのか疑問に感じたりする(※)わけです。
そういう意味ではオカマバーは非常に楽しかったのですよ。

あと、普通にきれいなお姉さんが何人かいました。
背高いなーとか、足おっきいなーって事はあるんだけど、それを他においておいて
普通に街中で見たら、きれいな女性だと思うでしょうなー。
いやまぁ、そういうタイプじゃない人もいたわけですけど、それはそれで格好いいと思います。
あと、ショーも見て帰ったわけですが、よく考えられてるなーというのが印象でした。
二、三十分といったところだったと思うのですが、楽しめました。プロだから当たり前だけどね。
結局六人で最終的な支払いは一人1万ちょっとというところでしたが、何だかんだで
2時間近く飲めたわけで、変な飲み屋に行くよりはぜんぜん楽しめたなぁというのが印象です。

ショーを見ながらぶちぶち考えてたんだけど、なんかお姉さんがたは、微妙に屈託がある。
それがまた素敵な雰囲気になってる。凄く明るいし、凄く楽しませてくれてるのだけどね。
実際ショーも感嘆の声と同じくらい笑いと拍手の起こるショーだったんだけど、
なんというかやっぱり屈託とか、寂しい感じがあるのだ。
当たり前の事かもしれないけど、やっぱりお姉さんがたは
常識の埒外とか、ボーダーにいる人たちなわけで、厳しい事ってのがたくさんあるだろうと思う。
多分それが、なんとなく感じられるんだろうなぁとか思っている。憂いってやつでしょうか。

まぁ要するに、だれか一緒に遊びに行かない?ってくらいの話。

※まぁ、お姉さんなのかどうなのか微妙だが、お姉さんということで通そう。敬意を表して。
※要するに乾いたお菓子だと思っとけば間違いないです。
※精神的には女性なんだと思うよ。
※コレが結構気合が入ってる。天井は低いがきちっと奈落とか用意してあるし。
※コレはコレで俺がもてない理由かなと思ったりもするけどさ。
[PR]
by tomo1y | 2007-01-22 20:25 | ○○に行ってみた