2007年 04月 29日 ( 2 )

スパイダーマン

あさってからスパイダーマン3が公開されますねぇ。
そのうちに見に行こうかなぁとは思っておるのですが、
スパイダーマンに関する素敵過ぎる動画を見つけたので紹介してみます

スパイダーマン口上

お前はいったい何者だ?と。
最近のスパイダーマンもカッコいいですが、コレはコレで好きだったりします。
……てゆーか。40回も繰り返し見せられるとなんとなくトランス状態にwww
[PR]
by tomo1y | 2007-04-29 21:29 | 奥深い世界

ボックスアート展に行ってみた。

BOXアート展@静岡県立美術館

バイクのリハビリを兼ねて、上の展覧会の招待券をゲットしたので行ってきた。
BOXアートと言うのは要するに、プラモデルなんかの箱絵のこと。
プラモ好きとしては行かねばなるまいて。

と、朝思い立って行ってみたけど、静岡結構遠い。冷静に考えると180キロ以上。遠い。
東京インターから東名道にのって黙々と静岡に向かう。厚木のあたりで渋滞。困る。
困るんだけど渋滞を抜けたあたりで真正面に富士山が見える。……綺麗。

ぼちぼち休憩しながら静岡に到着。
もうちょっと早くつけば、ハセガワの常務さんの話が聞けたらしい。残念。
気を取り直して、館内展示を見る。大雑把な構成として。
戦前の雑誌付録模型(紙製)~戦中から戦後にかけての模型飛行機やらソリッドモデル。「リアルな」スケールモデルとキャラクターモデル。といった分類での展示。
e0007446_2053587.jpg
戦前の雑誌というのは、ほぼ少年倶楽部。講談社がんばってるなぁと言う印象。子供向けの雑誌なのに「満州事変特集号」とか。すごいな。あと、広告には必ず「友達も誘って買ってね」的な言葉。時代かな。
ボックスアートにつながるものとして、兵器のイラストレーションや、戦意高揚のための絵なんかも少しずつ展示されていた。レオナール・フジタ氏の絵もあった。上手な絵だけど、彼のほかの絵とぜんぜん違ってるのが可笑しくて悲しい。
模型飛行機はなんだかほとんど学校教材のような雰囲気。というより、学研の「科学」の付録的と言うべきだろうか。あとは、電流について理科で習うときに作ったモーターカーみたい。その流れってのもあるんだろうなぁ。

ボックスアートはやばい。非常にやばい。素敵過ぎます。
最後の方のキャラクターモデルのボックスアートは、なんか色々考えさせられる。サンライズ+バンダイなプラモデルは非常に分かるんだけど、なぜそんなイデオンの重機動メカが多いのかとか、なぜよりによって「アクロバンチ」をえらぶのかとか。分かってやってるんだとしたら素敵だし、キュレーターの感性で選んでるんだとしたら、問題あると思う。面白いけどさ。
……静岡県立美術館の学芸員さんに聞いてみよう。そうしよう。
全体的にはなかなか面白い展示だと思いました。人出もぼちぼち。

ついでにロダン館も見てきました。地獄の門は相変わらず素敵過ぎます。
んで、それだけで静岡から一路東京へ。日が翳ってくるとこれでもかと言うくらい寒いです。しかし富士山は素敵だ。もし富士山より高い山が国内にあっても、富士山の占める場所に取って代わることはできないんじゃないかなぁと言う気がします。こんな富士山見たのは初めてと言う気もします。
e0007446_208651.jpg


しかし、夕方から夜にかけて高速を走るのはまだ厳しい。ズボン下が要りました。
[PR]
by tomo1y | 2007-04-29 20:08 | ○○に行ってみた