2007年 08月 01日 ( 1 )

映画塾シナリオ選考。

読む時間がとれそうになかったので、昨日帰ってからがさっと読みました。
今回シナリオ送ってもいないので、個別のシナリオをあーだこーだはかけませんが
覚書として、私がシナリオを選んだ基準。

……というか、見切った基準。
完璧にこの基準だけで選んだってわけでもないですが。

1:見た目
映画塾のシナリオ集みたことのない人には酷いかもしれませんが、
基本的に送られたシナリオをそのまま印刷されてるわけで、
それが極端に読みにくいのは、結構問答無用で切りました。
自分ひとりで作るためのレシピじゃないんじゃないかという、私の基準です。
別に体裁に決まりがあるわけでもないですけどね。

2:明らかに長いもの・推敲してなさそうなの
5分制限なんで、5分になんとかなりそうなもの。
確かにわかんないところもあるんですが、
明らかに台詞口に出して読んだら、これ長すぎだろうってのは切りました。
書いたら一応読んでみたほうがいいと思うんですよね。

台詞を適宜はしょってとかテンポよくとかは、なんか脚本に書くことでは無いきもした。


勝手な言い草なわけですが、だれかに読まれることを想定して書かないのは駄目だと思う。
自由にのびのびと表現するってことと、好きに書くことは違うのかなとか。

正直その基準でぶった切ってからあとは好み。
傾向はやっぱり偏るんだよなぁ。

しかし読むとやっぱり書くんだった!とおもうのよねぇ。
[PR]
by tomo1y | 2007-08-01 22:48 | 映画とか