カテゴリ:奥深い世界( 43 )

かーちゃんツンデレ説

そうか実家はツンデレカフェだったのか

発想が斬新過ぎる件。
かーちゃん、なんつーか最高。

しかも駄目息子だから、色々と心当たりがあったりするのがなー。
切ない上に微妙に泣いた。

【注】
ツンデレ=ツンツンデレデレの略
普段はツンツンしてるのに、2人っきりになったり、打ち解けたりするとデレデレするような女性。
[PR]
by tomo1y | 2007-01-11 22:30 | 奥深い世界

新年早々三が日から仕事だったわけですよ。

昨日もういきなり仕事。
公務員は楽らしいので当然の仕事だと思います。まぁ、それはどうでもいいや。
正月ゆっくりできる部署にも行ってみたいところですがそれは運か。
仕事と言うのは、近所に大きな初詣先があるので、その交通対策という事。
基本警察につめて、連絡取ったり巡回したりというのが仕事なわけです。

んでまぁ。警察の人と同じ部屋に詰めていたわけですよ。コレが結構面白いの。

『勉強したこと』
ツアーからはぐれたりしてしまった人がいると言う連絡が入って……
警察官「手配お願いしまーす」

・いい悪いを問わずに手配って言うのね。

はぐれた人を探すことを「検索」と言っていた。

・捜索じゃないのね。

しかし「探してください」と言う連絡があって、本部の人が巡回中の警察官さんに
連絡してる最中に「見つかりました」と言う連絡。申し訳ないけどチョット笑った。
こういうことあるからなかなか警察の人に相談するのは勇気いるわいね。
ただ、話してると早めに声かけてもらった方がすぐ見つかるとの事。それもそうか。

あと見慣れてるからなんとも思わないけど、
巡回中の人らはみんな腰に拳銃ぶら下げてるのよね。うん。
[PR]
by tomo1y | 2007-01-04 21:24 | 奥深い世界

無為な日。

僕たち地球人ブログ『トランスフォーマー ハート・オブ・スティール』

とりあえず20代後半の男子は必見。心が躍る。
スタースクリームが格好よすぎます。
相変わらず彼は小悪党なんだろうか。だと、うれしいな。

先週休日出勤したので、午後からその代休を取らせてもらう。
益体の無いような本(※)をゴリゴリと読んだり、
トランスフォーマーに心を熱くしたり。

このくらい一日を無為に過ごせるのは素敵だ。
午後は夕ご飯の時間まで、一言も口を開いてない。(※)たまにはこれもいい。
正月は存分にこの線で行きたいな。今年は一年どうも喋りすぎている。


彩雲国物語っつー本。あれだ。中華風女性視点の「課長島耕作」


本読んだり、パソコンに向かってくすくす眦を下げてるんだから、もっと怖いか。
[PR]
by tomo1y | 2006-12-11 23:32 | 奥深い世界

ええ。我が家は大体夏仕込ですよ。ええ。

ニュースで見た。早生まれのほうがスポーツ選手として……みたいな話。
統計について、具体的に論文を当たっているわけでもないのではっきりは分からないけれど、
小学校低学年くらいだと10ヶ月近い差は体格や絶対的な運動能力の面で差を生じさせるはずで、
それに伴って運動有能感を持てない(つまり運動に苦手意識を持つ)と言うことはなんとなく分かる。

実際、私自身は5月生まれなんで、そういう差は無かったはずだけれど、
今思えば子どものとき家族に「あんたは足が遅いねぇ」と言われたのを結構引きずっていた。
小学校~中学校ぐらいにかけては「自分は運動が出来ないんだ」と思っていたし、
だから体育も真剣じゃなかった。真剣……では無くてもムキになってやれば多少は上達するのにね。
部活で柔道をしていたので、気づけば武道の授業では「強いほう」になっていたり、
弓道やってるときには真剣にインターハイを狙おうと思うぐらいのレベルだったので(※)
弓道がスポーツかは微妙だとしても、極端に運動に苦手意識を持っていると言うのは克服できた。
高校の頃は気がついたら短距離の速さは平均的なものになってたし。

ただ、そういう体験が出来たのは偶々私がそういう部活を選んだりしたからで、
例えば文化部(※)に入ったりしたら、運動能力を見つめなおすきっかけが無くなるかもしれない。

おんなじようなことは勉強にもあるのかもしれない。
「理解力」と言うようなものがどの程度違うのかはちょっと分からないけれど、
最初の時点でつまずいてしまって「勉強が出来ない」と思い込まされてしまうと、
その後つまずきは大きくなる一方なのかもしれない。
実際統計を取ると、4年制大学への進学率という点では或る程度有意な差が出るようだ。
もちろんそれだけで決まることでもないのだろうけれど。
年収のほうはそう差があるわけでもないようだ、現在とられている統計では……だが。

さて、こっからはちょっと下世話な話。
生まれ月とか誕生日をよくよく考えると、大体仕込みの月日と言うのも分かってしまったりする。
十月十日と言いますからね。ソコから逆算すると、大体いつごろの仕込みか分かるわけです。
もちろん予定日通りに産まれると言うわけではないのですが、まぁ或る程度の確度で分かります。

逆に過去には農閑期をめがけて子作り(※)を行うとか、現在でも実感として早生まれを避けるように
子どもを授かれるようにする……とか言うようなことがあったりするようです。
「絶望先生」と言う漫画では、11月4日生まれの人(12月24日仕込み)とか12月14日生まれ(2月14日仕込み)などという風に考えて揶揄していましたが、なかなか興味深いと言えば興味深い。
或る意味触れにくいことではあったりしますからねぇ。
と、振り返って考えてみると、私の姉弟の誕生日は一月と離れていません。
一年で一番暑くなるような時期……でしょうか。やっぱり触れないほうがいいような気もします。

本題に軌道修正しましょう。
まぁ、どういう風にそういう「格差」を是正すれば良いかといっても、
実際問題1年単位くらいで子供の成長を見るのはそれなりに合理的(※)なので
実際どういうことをしても難しいのかなって思います。
制度的にどうこうとかいうよりは、それをきちっと学校なり教育委員会なり
そして保護者なりがフォローすべきことかなって思います。はい。


精神的に弱いんで実際駄目だったんだけど(笑)

文化部に入るのが悪いと言う意味でもないし、運動の才能を眠らせてはいけないといのではない。
ただ、運動の楽しさを知ることが出来たらそれはそれで文化部の楽しさを知るのと同様に良い。
実際は出来ないわけじゃないのに、「出来ないと思い込んで(思い込まされて)」
出会えないのが不幸かなって思います。

子作りってなんというか、アレな表現だなぁ。「子どもを授かれるようにする」とかがいいか?

世の中がそういうタイミングで動いてるからねぇ。公転とかも含めて。
[PR]
by tomo1y | 2006-12-04 23:41 | 奥深い世界

5万冊って多いか?

『5万冊の漫画本ずらり 京都にマンガミュージアム』Excite エキサイト : 社会ニュース
行ってみたいですなぁ。そのうち京都を訪れるときはぜひ行きたいもんです。
ですが、5万冊と言うのは少々少ないのではないのかと思います。
1冊500円としたらたった2500万円ぽっちですぜ?
まぁ、実際貴重な本もあるからそれだけじゃなかろうけど、
世の中に存在してるマンガは5マンやそこらじゃ効かないと思うんだが。

……えーと、一日に50冊くらいなら読めるから……3年あれば全部読めるわけで……。
そのくらいじゃアレだ!図書館と言うにはまだまだではないか。
いや、最終的にはたくさん入れるんだろうけれど。
[PR]
by tomo1y | 2006-11-23 19:17 | 奥深い世界

漫画検定だとさ

http://www.ebookjapan.jp/cpgoogle/special/manga.asp

正直腹の足しにもならん。と強気の台詞をはいてみる。1問間違えたけど(笑)
でもまぁ、正直このくらいなら余裕だと思います。

せめて北斗宗家の穴埋め問題くらいにしようぜ!
それならチョットくらい悩むかもしれん。
[PR]
by tomo1y | 2006-11-02 23:21 | 奥深い世界

1じこん。

なぜかFF5の話を書いているはずが変態の話になってしまう。わっしょーい。
ものづくりとか自己表現をする人はほぼ100%変態(※)だと思うので、まぁいいか。

で、「ある種の変態」の話。当然私も含まれるんだけども、
早川文庫とかの挿絵が無いような小説のキャラクターに萌え倒せる様な、踏み外した人の事です。
ゲームとか漫画の女の子……つまり二次元のキャラクターに萌える「二次コンプレックス」の人よりある意味重症だよね。二次コンというよりもうすでに1次元コンプレックス。文章は紙に書いてあるから2次元とか言うようでは浅いよ?文章は2次元の紙に表記されていることは多いけれど、本質的にはリニアなものですよ。「牛耕法(※)」ってのがその証左。

牛耕法というのは文章の書き方の一つ。普通に日本人が横書きをするときは左から右に書いて、
適当なところで(主に紙とかの幅に合わせて)左に戻ってまた右に行く。昔は右から左にいって……同じ要領。世界的に見ても現在はほとんどその方法で文章が書かれているけれど、過去には牛耕法と呼ばれる書き方もあった。これは、左から右に書いていって、いっぱいになったらそこで折り返して一段下がって右から左に行ってまた折り返して、……という書き方。牛に田畑を耕させるときの動きということで「牛耕法」 今らしく言えばトラクターとかコンバインの動きということになる。どっちも田畑を耕すのは同じ話だけど。
要するに文章は2次元に表記されたものであっても、所詮1直線のものであるということが言いたい。もっと言えば、ことばっていうのは、口から出せばその順序の通りに耳に入って理解されるものなわけで、これもつまり一直線という話で、リニアなわけ。

で、直線ってのは一次元。だからまぁ、文章とか口伝の女の子に萌えたおすのは、要するに1次元コンプレックスなんじゃないかと思うのだ。そういう意味ではもうわたしゃ筋金入りの1次コン。だって時々挿絵とかに腹立つもんね。「こんなの○○じゃねぇよ!」とかいって。考えれば考えるほど痛々しい感じなんだけど、小説の登場人物に恋しそうになる人も多少なりといるんだから、いいんだーい。

まぁ、想像の世界って無敵だから怖いといえば非常に怖いのだけれども。
自分自身が自分好みの絵が描ければまた違うんだろうけれど、そういう能力ってのは残念ながら備わってないので、想像の世界で子供の頃から詰まらんことを考えていたわけですよ。流石になかなか自家発電は出来ないけれど、いまだにシナリオとか書いてると、あからさまに私の理想が投影されているものなぁ。難儀だ難儀だ。

※といって変態が必ずしもクリエイティビティを持っているかというと疑問だ。愉快な変態でありたい。
※リニア=Liner=線形の……
[PR]
by tomo1y | 2006-10-19 20:00 | 奥深い世界

テレビ見てる

ゲツヨルっつー日テレの番組で、中国の雑技の特集をしてる。
いや、ほんと中国は恐ろしい国だのぅ(褒め言葉です。冗談でもなんでもなく)
伝統というかなんというか、日本人とはまた違ったマニアックさがあるね、アノ国は。

でその番組で取り上げられてたのは聴覚に障害を持った人が踊る
「千手観音」って踊りで、ソレはソレですごいんだけど、

その演者さんに対するインタビューの画面がキタ。
聴覚に障害がある人のインタビューだから、彼女は当然手話で応えていたのだけれど、
その1分ちょっとのインタビューを、字幕だけで、吹き替えもBGMもなしで突っ込んでいた。
……なんかすごい素敵な演出だと思う。
障害とかどうこう無く、ありのままに、必要な情報だけを足して映像を流すってのは勇気あるわ。
「今日のニュース」が終わって、日テレどうしたんだろうと思ってたがチョット見直した。

間が持たないとかって、中途半端なものをはさむことのほうが下らないんだよなぁ。
自戒自戒。

しかし中国の美人さんはホント美人だのぅ……。
ハニートラップに引っかかりに行かないと。
[PR]
by tomo1y | 2006-10-16 23:11 | 奥深い世界

酔っ払いの戯言

酔うというのにも色々ある。
お酒を少し飲んで、ほほが温かくなるくらいのソレもあれば、
前後不覚。目覚めたときなぜ自分がココにいるのか分からないような酔い方もある。
それぞれそれなりに楽しいものだけど。

自分が酔っているのを客観的に見れるくらいの酔い方が好きだ。
ビール1杯や2杯じゃこうはならないし、といって呑みすぎるとまた「酔ってない」と思う。
楽しみは中庸にこそである。

そういう時に1人で夜の街を歩くと、上着を脱いだりして夜風に当たる。
酔っ払って熱くなった頭が冷めるのがなんとなく気持ちいいのだ。
足取りはそれなりに確か。タバコに火をつけるライターも震えたりはしない。
といって酔ってないわけでもないから、歩きながらぶつくさ言ったり鼻歌を歌ったりする。

ぶつくさ言ってると、こんな酔い方なら、いつもいえないような正直なことが言えるだろうと変なことを考えたりする。
例えば、ずっといえない謝罪だったり、誰かを好きだという本音の気持ちとか。
気色の悪いことにそういうことを呟いてみたりさえするのだ。

結局いくばくかの理性があるから、どうせ言ったところで酔っ払いの戯言だと
そう思われるに決まっていると、至極当然のことを思う。
見た目は所詮酔っ払いでしかないのだ。

しかし、本当に極偶にだけどそういう時に正直に、明け透けに言葉を呟いたりする。
正直なことを、素面で言うのが恥ずかしいのだろうなぁと思い知らされる。難儀なものだ。

しかしこう支離滅裂で益体も無いことを考えられるのも、中庸の酔っ払いの楽しみだ。
稀にしか見れませんが、そういう私を見た人は、適当に相手をしてくださいませ。

あー、酔った酔った。
[PR]
by tomo1y | 2006-10-14 01:52 | 奥深い世界

ゲームとかww

なんか知り合った人たちとゲームを作ることになってみた。
悩みどころは多いけど、楽しそうなので手伝ってみようじゃないか!

一応アドベンチャーゲームになるのかな。
しかし絵をかける人とかシナリオかける人とか音楽作れる人とか。
世の中にはいろんな人たちが転がっているものだねぇ。

何か一つぐらい芸を身に着けないとだわ。
妄想力は結構自慢できるんだけどなぁ。

とりあえずスクリプトかけるようになってみようか。
[PR]
by tomo1y | 2006-10-03 18:39 | 奥深い世界