カテゴリ:ゲームとか( 3 )

スタンハンセンの掛け声で。

Wiiがうちに来ました。
なかなか楽しげ、というか、触ってるだけでニヤニヤできるゲームって良いかも。
それから、この年になって、誰かとゲームやりたいって言うのも久しぶりかなー。
居間のテレビにつけようかと真剣に悩めそうなゲーム機って、
結構今の時代の要請に合致してるのかなと思うですよ。

結局Wiiがどのくらい頑丈なのかと(※)言うことは、確かめてみたいけれど
いきなり壊すのは怖いので止めておきたい。

メイドインワリオが非常にくだらなくてサイコーです。マジで。


任天堂のゲーム機って頑丈なのですよ。
ただ、ディスク部はどう考えても頑丈さに限界があるからなぁ。
[PR]
by tomo1y | 2006-12-02 19:40 | ゲームとか

Wiiを

ゲームも取り扱ってる古本屋を覗きに行ったらば、
Wiiの予約を取り扱っていた。……後先考えずに予約しちゃった。
まぁ、Wiiは安いのが魅力なので、何とかなるだろう~。
しかし今回の『次世代機』争いはいったいどうなるんでしょうか。個人的予想としては
一部で言われているのと同様に、最初はWiiが圧倒するだろうと思います。
安いって言うのもそうなんだけど、何より現状のテレビで十分な性能発揮すると言うのが大きい。
来年頭には全国で地デジが見れるようになって、ハイデフテレビも本格的に普及するだろうけど
2011年までは現状の640×480のテレビは相当数使われることになるだろうし、
PS3なんてフルHDが最高の出力なんだからかなりテレビ高いしなぁ……。

テレビの画質がそんなに気になるものだとは言わないけれど、
例えば360あたりをパソコンのディスプレイにつないだだけでもずっときれいになるもの。
どうせ持ってる性能ならそれを使い切りたいと言うのが人情だなー。PS3高いし。
いや、S端子すらろくに使わないような人間ではあるのだけれどさ。
どっちにせよ個人的キラータイトルが出るときにはPS3買うのは目に見えてるんだけど。

ごく勝手なことを言えばPS3はいいと思うんだけど、Wiiのほうに期待してる。
確かにゲーム業界の覇者が変わることはソフトウェア資産の面では問題が多いけど、
任天堂からソニーに覇権が移るときのゲームの多様化ってのは正直面白かったと思う。
任天堂がゲーム作るのが上手い会社だってのもあの時認識させられたし。
セガは相変わらずセガだったけど(※)

それにしてもPS3は高いね。子どもがクリスマスプレゼントに頼める値段でもないよ。まったく。
昔考えてたゲームとはずいぶん遠くに来てしまったねぇ。お金の価値も違ってるだろうけど。

ほんと、おじさんはいったいいくつになったらゲーム止めれるんだろう。
なんか一生ゲームと付き合ってる気がするよ。わが事ながら将来が心配だ。


いや、割引はちょっとあったけど俺定価でサターン買ったからね?セガ好きですよ。
闘神伝とVF見たらサターン買うでしょ……。
[PR]
by tomo1y | 2006-11-25 21:25 | ゲームとか

ゲーム作りのお手伝い。

縁あって知り合った人たちとゲームを作ろうとしてる、というのはエントリに書いていたのだけれど、
一応スクリプトをゴリゴリ書くのがお手伝い事項なので、エフェクトとかの確認をしてもらうのをかねて
テスト用のスクリプトを書いてみている。
まぁ、めんどくさいといえばめんどくさい作業なんだけど、普通のプログラミングに比べりゃ楽だし。
直ぐにどういう風に表示されるかってのも確認できる。面白くないわけではないのだ。
ゲームっつっても所謂アドベンチャーゲームで、優秀なノベルゲームエンジンを使って
簡単なタグを打つくらい部類なので私でも出来るわけだが。

とまぁ、それなりに打ちながら考えると、アドベンチャーゲームってのもわりと考えるべきことが多い。
映画なんかとは違って、どっちかというとシナリオは演劇的になるなぁと思う。
コレがノベルゲームまで行っちゃうと、ほとんど小説に出来るわけだけど、
テキストの雰囲気はノベルゲームとアドベンチャーでは結構違う。
ノベルゲームではグラフィックは挿絵程度のもので、本質的に必要なものではないのだろう。
地の文がかなり活躍するし、会話もソコまで説明的にはならずに済む。
アドベンチャーはそれなりにグラフィックにも重みがあるので、それらを生かすんだけど
その分地の文は弱くなる。主に会話を中心にして話が進んでいく。多分コレは非常に演劇的。
演劇と同じで目に見える情報が、完全ではないだけに会話でカバーしなければならないことが多い。
コレがムービーを持ってたり、リアルタイムな3Dグラフィックとか使えると
もっと映画の脚本見たくなるんだろうと思う。

しかし結構面白いね。映画を撮ることにかかわったときもアレだったけど、
ゲームを作るのに足を踏み出してみて見えることというのも結構にある。

しかし動的に文字を表示していくのってなかなか奥が深い。
考えてみれば視覚詩とかタイポグラフィの延長線上にもあるわけで、
学生してたときの研究テーマじゃない。
モーションタイプとかにも最終的には通じていくんかなぁとか思うわ。ホント。
[PR]
by tomo1y | 2006-11-23 15:29 | ゲームとか