<   2006年 01月 ( 57 )   > この月の画像一覧

衝撃の事実。

ファミコンに始まり、子供のころからゲームをやっているのでゲームが好きだ。
最近ではずいぶんゲームをする時間は減ったのだけれど、
時々昔のゲームについて書いた本を読んだりする。

今日はちょっとfamidasという本を買ってみた。
ファミコンのキャラクターについての本なので、なかなか楽しく読んでいる。
昔大好きだったファミコンのキャラクターたちをこうやって活字で読むというのはなかなか新鮮。

ただ、一つ微妙な問題が。
40代以下の人ならおそらくすべての日本人が知っているであろう
「マリオ」

スーパーマリオの「マリオ」は26歳前後。
一つ上かぁ……。もう私も若くないなぁ。

追記:23:14分
考えてみればマリオより若いんだからマリオよりがんばれって話か。
なんかがんばってみようかな。
[PR]
by tomo1y | 2006-01-27 20:05 | 日々思うこと

奥田民生のコンサートに行ってきた。(詳細)

奥田民生のコンサートに行ってきました。覚えているうちに書き留めておく。
2時から休みを取っていたので急いで家に帰って。チケットなどを確認してから
3時ごろに友達を拾う。コンサートは益田。県内とはいえ広島市のほうが気分的に近い。
高速道路つかねーかなとか、フジロック行くかとか話しをしながら益田へ向かう。
ほとんどの話はジャンプのマンガの話だったりしたのだけれど。
大体予想してたとおり、6時過ぎに会場……グラントワに到着。レンガ造りの建物のレンガ部分を瓦にしたような建物で、内装も外装も非常にきれ。けれど駐車場が狭いのはいただけない。島根県で公共交通機関を使って出かける人がどれだけいるだろうか。

少し早くついたので、物販を物色。私がTシャツとか買っていると、友人はDVDパンフレットを購入していた。「このDVDがしょーもないんだよ」といいながら笑顔。言行不一致も甚だしい。それから席に行く。2階席だったが最前列といっていい場所だったので、悪くない席。こういうとき島根の狭いホールは助かる。実際広島市民球状で民生を見たときは豆粒だったが今回は親指くらいにはなっていた。顔も見えたし。それに何よりも席の広さがいい感じ。

今回聞けた曲はどっちかというと有名な曲多め。
とりあえず「荒野を行く」と「イージュー・ライダー」が聴けたので非常に満足。
あとはマシマロのアレンジが非常にかっこよかった。
他は何だろう、2曲あった新曲もいい感じでした。早く発売されないものかな。
とりあえず民生はやはりかっこよかったわけです。なんかああいう大人になりたいな。
MCがだるだるなのも楽しかった。
黄色い声に負けじと、思わず男二人で黒い声を上げていた。
アンコールは2回。好きな曲だったので本当に嬉しい。

帰りにも車の中で民生の曲を聴いてたんですが、なんかむかしはあまり好きでなかった曲がいつの間にか沁みるようになっている。不思議。


ステージの向こう側ではタバコがすえるというのは非常にうらやましい。


ステージセットのソファー、何に使うのかと思えば最後に座っただけ。贅沢。


なんかテルミンつかっていた。テルミン大好き。


隣の席の女性二人組みは1回目のアンコールが終わったら席を立ってしまった。もったいない。
[PR]
by tomo1y | 2006-01-25 00:12 | ○○に行ってみた

性風俗雑誌とインターネットの動向と子どもたちの未来について。

のび太君の通う学校がそうであるように、学校というのは得てして山のそばに立っていたりするものである。特に田舎では裏山を持った学校が多いように感じる。まぁこれは所詮私の実感。町に住み、都市の学校に通った人は別の感想を持つのかもしれない。ただ、私にとっては学校の原風景というのは、山なんかがセットになったものであると分かってもらいたいだけ。
ここ何年も山で遊ぶなんてことをしていないけれど、少年時代の僕――僕らにとっては十分に魅力的な場所だった。どんぐりやまつぼっくりを拾ってみたり。おもちゃの銃を持ち込んで戦争ごっこをしてみたり、山にはいろいろな夢が落ちていたんだなと振り返ってみて思う。
――そして、それらを遥かに凌駕する夢も落ちていたのだ。
まぁ、簡単に言えばエロ本なんですが。

地面の湿気や雨で、形の変わってしまったその本を、僕らは大騒ぎしながらゆっくりとめくったりした。その中にある女性の裸に少し興奮して、それがお互いに恥ずかしくてなんとも形容のできない声を出しながら見せ合ったりした。今になって振り返るとかわいいもんだなと思う。
なんとなくそれが見てはいけないものだと知りながら、それは大人の世界だと思いながら、そういう本と付き合っていたのだと、思う。人が性を感じたきっかけというのには色々なものがあると思うけど、僕らは多分そのとき性の目覚めを迎えたのだ。こうやって書くと、とても恥ずかしい芽生えだ。

今の子どもたちはどうなんだろうかと、時々思う。自分が山に行くようなこともないから分からないけど、道路を走っていても、さりげなくエロ本が落ちているということはあまり目にしない。いつの間にかうらぶれた道路沿いにあったエロ本の自販機は撤去された。僕たちがババを引いて真剣に悔しがったあの自販機が。本屋には相変わらずエロ本のコーナーがあるけれど、さすがに小学校高学年や中学生がガンガン本屋でエロ本を買っているのだとは思えない。レンタルビデオ屋でもあんまり見ない。やっぱりインターネットなんだろうか。
確かにインターネット上にはエロ動画やエロ画像といったものがいくらでも転がっている。それはまぁ別にどうということも無いのだけど最初からそのコンテンツに触れてしまう子どもは、かわいそうだと思う。僕が少年だった頃からあやふやになりつつあった大人と子どもの壁は、今では本当に見晴らしがよくなってしまっている。
今では大人と子どもの間に分かりやすい壁は無い。ひざくらいのブロックがあるくらいだと思う。簡単に乗り越えられるし、大人の世界がよく見える。僕にとっては大人と子どもの間は簡単に抜けられそうな竹垣の壁だったけど、子ども側からは大人の側がよくは見えなかった。だから大人になりたいと思っていた。

インターネット上では、ネットワークの向こう側にいるのが子供か大人化というのはあまり意識されない。せいぜい文章で大人らしいとか子どものようだとかあたりをつける程度。だから、知識と技術さえあれば大人として扱われる。それはある意味で不幸なことだと思う。
子どもは人生のある期間において、きちんと子どもであるべきなのだと思う。大人にならなければできないことがあり、大人になろうとかっこ悪くじたばたしたほうが良いんじゃないかと思う。

個人的には本質のところでは大人と子供に違いは無いと思っている。だからこそさまざまな通過儀礼が存在していたのではないか。現在ではそういったものはあまり意識されないけどだからこそ大人の世界に対する憧憬を子供が描いたほうがいいんじゃないか……と思っているのです。

だからそのうち僕が子供のころ誰かがしていたように。
いいポイントにエロ本を散布してきます。


エロ本についてこんなに熱く語る人間が大人かどうかは謎。


「山や橋のたもとに落ちているエロ本」が想像しにくい諸兄は「お父さんやお兄さんが隠していたエロ本」とか「週刊現代のグラビアページ」とかで想像してくれればオッケーだ!
[PR]
by tomo1y | 2006-01-25 00:11 | 日々思うこと

ブログだけでなくてホームページも

独り言です。日記帳にでも書いてろって感じ。

高校1年の頃から6、7年くらい。ホームページを作っていた。正確に言うならばwebページとかサイトとか言うべきなんだけど。学校にいるときに引越しをしたあたりで、しばらくインターネットに接続できない時期があったのでつぶしてしまった。それ以来。作ってない。
最初の頃はよく分からないなりに、ホームページ作るの自体が楽しかったし。しばらくして写真を撮るようになってからはいろんな人に見てもらえるのが楽しかったのです。たいした内容の無いサイトだったのであまり多くの人が見ていたわけではなかろうけども。

最近また、パシャパシャと写真を撮ったりしてるのを筆頭に、チョコチョコやっていることがあるので、物置としてでも作りたいなと思う。しかしなかなかめんどくさい。ホームページビルダーでも入れればいいんだろうけど、結局途中で気に食わなくなって(※)使わなくなるような気がしてならないのでそれもせず。大体最近はホームページをおくスペースにもいろいろありすぎて困る。料金体系とかも分かりにくい。勿論インターネットに接続してるんだからちょっと時間をかければいくらでも調べはつくことなんだけども、逆にインターネットって情報が膨大すぎると上手く調べにくかったりする。
あと、どうせ作ったところで誰が見るのという根本的問題もあるわけだし。調べてないからどのくらいのディスプレイサイズを想定して作ればきれいに見れるのかとか、写真のサイズと圧縮割合はどれくらいにすればいいかとか本当に分からん。
気にしすぎなんだと思うし、気にしすぎて前に進めないなら、気にせずに前に進むべきなんだろうけど。

今年中くらいには作れるといいなぁ。
名前だけは今決めた。「トモニカ学習帳」
ちなみに自由帳です。


今はどうか知らないけども、スタイルシート入れたりするのが面倒だったし、何よりも吐き出されるタグがアレなんです。WYSIWYGのソフトなんだから当たり前かも知れませんが細かいところをいじろうとすると自分でタグを手打ちしなきゃならないし。かといってそれも面倒。難儀だ。
[PR]
by tomo1y | 2006-01-24 23:49

恋愛バトンて。

友人からバトンが回ってきた。
恋愛バトンなんでスルーしようとおもったけど、一応書いてみる。ネタです。

Q1.好きなタイプを外見で答えよう。
☆顔☆
優しい顔の人。

☆体格☆
どちらかというとやせてる人が好き。無いものねだりかも知れないが。

☆髪型☆
似合ってれば不問。 髪がきれいな人は好きですよ。

☆雰囲気☆
おしゃれな人。言い換えると自分のことを分かってる人。

Q2.年上が好き?年下が好き?
年下の人は基本的に苦手、同い年か年上が好き。

Q3.タイプの芸能人は?
割と宝塚の人らの顔とか好きです。黒木瞳とか黒木瞳とか黒木瞳とか。

Q4.恋人になったらこれだけはして欲しい、これだけはして欲しくないという条件をあげて下さい。
☆してほしいこと☆
恋人がいるという事態がすでに満足なんですが。

☆してほしくないこと☆
たいがいのことは流せると思いますが。実際に起きないとわかんない。

Q5.今までの恋愛経験の中でこの人はタイプだったなという人とのエピソードは……
ノーコメント。文字通り。
don't want to commentではなくて、
have no comment……。

Q6.よくはまってしまうタイプをあげてください
正直あんまり「はまる」とか言うのが分からん。

Q7.あなたを好きになってくれる人はぶっちゃけどんなタイプ?
それを私に聞くのかという話ですよ。

Q8.どっちのタイプかで答えて下さい。
☆甘えるタイプ(甘えられる)?☆
Mなので、それが満たされれば甘えられるのも甘えるのもアリ。

☆尽くす?☆
同上、Mなんで尽くすほう……だと思うんだけど。

☆嫉妬する?☆
よくわかんないけど、多分嫉妬する。
 
Q9.最後にバトンを渡したい人を5~10人でお願いします。
どう考えても人にバトンを回せる資格など無いので、放置。

以上。これで満足か?>回した人。
[PR]
by tomo1y | 2006-01-24 23:46

skype

ネット上で音声チャットのできる、スカイプというソフトがあります。
最近入れてみたんだけどなかなか楽しい。
知らない人とコンタクトが取れる……というのがネットの面白さだと思っていたけど。
久しぶりにその気持ちを思い出したりした。

もちろんmixiとかで昔の友人とかとつながれるというというのも面白いのだけれど。
だれか入れてる人がいたらばtomoichi55にでも連絡を。
[PR]
by tomo1y | 2006-01-23 23:42 | 日々思うこと

神戸行きの捕逸

神戸に行ってきたわけですが。一緒に行った職場の方のお子さんも何人か一緒でした。で、感じた事。

1:子供は元気だ
まぁ、自分が子供だったときの事を考えてもそうかもしれないけれど、本当に子供は元気だ。一つのところにじっとしている事をしない。ちょっと不安になるくらい走り回っている。お父さんがた曰く「子供と付き合うのは体力勝負だよ」との事。本当に保母さんや幼稚園の先生は偉いと思う。

2:やっぱり男は馬鹿
今回一緒になった子供は男の子も女の子もいたんだけど同い年くらいでもどう考えても女のこの方が落ち着きがあるし大人だ。男のほうが馬鹿。こういう事を書くと男女の違いを言い立てるなといわれるかもしれないけれど、実感として明らかに男のほうが女の子より馬鹿。
やっぱり男って馬鹿なんだと思い、軽くへこむ。

実際男は女性にはかなわないんじゃないかと思うけどさ。
[PR]
by tomo1y | 2006-01-22 21:37 | ○○に行ってみた

神戸に行ってみた3。で、帰ってきた。

e0007446_20235122.jpgで、三日目なわけです。今日で神戸ともお別れ。
今朝もホテルの朝食券を使って朝食。今日はバイキング形式の食事にしてみる。普通にうまい。ただ、南京町ぶらつこうと思ってたので軽く食事してやめておく。外に出てちらりとメニューを見ると朝のビュッフェ2,500円……。場所を選べば焼き肉食い放題が2.5人前かぁ……。
部屋に戻ってから荷造りしてそのまま宅急便で送る。そのままチェックアウトして出かける。
北野の異人館通をぶらつく。いい建物が多い。やはり神戸はしゃれた感じがする。なんかその辺を歩いている女性もおしゃれだなと思う。落ち着きのある服着てる人が多くていい感じです。比べると大阪なんかはちょっと派手目な監事かなと思う。写真をばしゃばしゃ撮る。
その後南京町へ。前から家でキムチ作ってみたくて探していた粉末唐辛子をゲット。そのうちキムチ作りについてはページにあげてみたいと思う。キムチ大好き!あとお茶を購入。それから醤をどれか一つぐらい買おうと悩んだ末チーマー醤を購入。ゴマのペーストを元にしたもの。ちなみに帰ってから姉に報告したらほめられた。俺偉い。超偉い。
あとは食事をしたりなんかする。美味。
でぶらぶらして服を見たりなんかしているうちに時間がきたので空港へ。
空港でもしばらくぶらぶらしてみたりなんかする。展望デッキで飛行機の写真とか撮ってみる。鉄道マニアが駅で電車を撮影しているのを見て微妙だなとか思っていたが、人の事は言えないことに気づく。乗り物好きだからいいんだけどさ。
その後家具と雑貨を置いているアクタスに行ってちょこちょこと買い物。

持ち物検査では相変わらず引っかかる。ベルトだ。なんかベルト買い換えたほうがいいのか。
飛行機に乗り込んでから事件が二つ。お土産の入った紙袋にペットボトルを入れていたらこぼれた。紙袋のそこが抜けた。へこんだ。帰りの飛行機が死ぬほど揺れた。怖かった。
美人の客室乗務員さんは動じていない。すげぇ。

とまぁこんな感じで帰宅。


写真は今日乗った飛行機。車も作っているスウェーデンのSAAB社製。かっこいいけどゆれる。
全部で33人乗りくらい。皆さんはこんな小さい飛行機乗らないでしょうが……。
[PR]
by tomo1y | 2006-01-22 20:19 | ○○に行ってみた

神戸にいってみた(その2)というか、今いっている。

e0007446_19564753.jpg

さて、二日目。たいしたお酒飲んでないのにどうも悪酔いした。おそらく赤ワインのせいだ。やはり赤ワインは鬼門だ。おいしいと思うがどうも合わないようだ。とりあえず朝起きてから、昨日フロントでもらった朝食券でご飯を食べにいく。……朝食券が無いと朝食から2100円も払うんですか。どうやら今回のホテルは割と高級なホテルらしい。部屋に戻ってサービス紹介の冊子見るといろいろ書いてある。
お子様連れの皆様は水族館とか回られるらしい。私は自由行動ということで、とりあえずホテルで10時頃までだらだらする。それから出かけて三宮辺りをぶらつく。神戸をぶらついた事がほとんどないのでいまいち店とかがよくわかんない。歩いてるおねーちゃんにきれいな人が多いなぁとか思いつつ服を見たりする。良いと思うのはやはり高い。あんまり服の掘り出し物を探す才能は無いようだ。
ぶらぶらしたおして3時過ぎにホテルに戻る。昼飯食ってないのでちょっといいものを食いにいく。肉。昼間っから肉を食べながらワイン。いい感じで腐ってるわ。たまにはこんな旅行も良いだろう。6時頃にロビーに集合しなあかんから、買った本など読みながらゆっくりする。旅行としては間違ってる気がしないでもない。
で、6時頃にロビーに集合して港の方へ。今日の夕食はディナークルーズらしい。無茶な企画だ。雰囲気にも、酒にも、船にも酔いそう。デッキから見る外の風景はきれいだが。寒い。彼女とかいればそうでもないのだろう。とかおもう……。
子供はノリノリだった。元気すぎる。私もあのくらいの年齢の頃はあのくらい元気だったんだろうか。思い出してみてもよくわからないが、やっぱりすこし違う気がする。醒めた嫌なガキではなかったか。
港に戻ってから子連れチームとわかれて三宮で少し飲む。適当に選んだ割にはいいお店だった。その後歩いていけない事もないという事で三宮から新神戸付近のホテルまで歩く。坂がきつい。そういえば神大の連中は原付持っているやつが多かった。そういう事か。
で、帰ってからだらだらしている。

※写真は船の上から。船大好き!
[PR]
by tomo1y | 2006-01-22 01:07 | ○○に行ってみた

神戸に行ってみた(その1)

現在神戸。
職場の出身者会のイベントで、神戸へ旅行に来ている。
先週大阪で今週神戸。出不精の私にしてはがんばっている。
来週は大山にスキー教室の引率だし。

仕事終わってからとりあえず出雲空港に。無事ついて三々五々ほかの人らも集まってくる。出雲〜大阪間は相変わらずプロペラ機。でもスカイメイトが使えた頃に乗り馴れたYS-11ではなくてなんだか新しい飛行機。ちょっと狭いし。ただ主翼が機体の上部についているのでプロペラのそばにしては地上がよく見えた。YS−11の方が個人的にはかっこいいと思うが見晴らしが良いのは良い事だ。
大阪行きの最終便には初めて乗ったが冬という事もあり、地上の明かりが非常に目立つ。空港の誘導灯も、足下に見える松江の町もすごくきれいだった。携帯のカメラで撮ろうと思うが、よくよく考えれば携帯の電源を入れる訳にもいかず、ほんとのカメラはカバンの中にいれたまま預けていた。失敗した。非常にきれいな光景だなぁと思った。昼間の飛行機から見る地上が箱庭だとしたら、夜の飛行機から見るのは。花火のような光景。
伊丹に着陸するまえに大学が見えた。明道館はちとわからなかった。
伊丹についてから、バスを待っていると何故か神田正輝等々を見かけた。うれしいかと言えば微妙だが、男の人としてスタイルが良い。うらやましい。
そこから新神戸のホテルへ。無駄に良いホテル。ホテル内の鉄板焼きは美味。
外に出てお寿司つまみながら焼酎で乾杯。
いつもやってる旅行とはずいぶん違う。すばらしい。

あしたはどうするか未定。


軽く自慢です。
[PR]
by tomo1y | 2006-01-21 01:11 | ○○に行ってみた