<   2006年 06月 ( 40 )   > この月の画像一覧

小説→映画→ドラマ

Excite エキサイト : 芸能ニュース

最近こういう流れが多いですね。
言えば小説も映画もドラマもまったく表現技法の違うものなわけで
すべてに適応する「物語」ってあるのかなぁと思う。

もともと私は「物語」が好きな人なわけで、
映画とかドラマになった小説とかはやっぱり素直に評価できなかったりします。
上手く料理しているものもたくさんあるんですけどね。
[PR]
by tomo1y | 2006-06-29 21:37 | 日々思うこと

言葉責め占い

http://uranai.am/3477/
tomo1yさんは、 露出マゾ タイプです。

露出マゾのあなたは、情報に敏感で好奇心が旺盛です。
旅行が好きで、死ぬまでに必ず行っておきたい場所が世界中にあります。
対人関係が巧みで、初めて会った人に不快な印象を与えることはほとんどありません。
周りの意見に流されることが多く、すぐその気になってしまいます。
押しの強さに欠けます。なぞなぞが得意です。


恋愛について:
ムードに弱く、恋に恋するタイプです。
最初はそれほど好きでは無かった相手に押し切られて恋愛が始まることも多いです。
嫌われたくない気持ちが強いので、自分を強く押し出すことができません。
友達以上恋人未満の微妙な関係になった経験もあります。

tomo1yさんの好きな言葉責めは:


もっと・・・たくさんください・・・。


露出かぁ……。
しかしさぁ、友達以上恋人未満ってのはさ。
確実に恋人ではないんだよね、未満だから。……当たってるか。
[PR]
by tomo1y | 2006-06-28 21:40

久しぶりに

休みを取ったので、
家族の命令で食事を作る。
手を抜いて手巻き寿司のはずが、刺身用の飛魚見つけたのが失敗の元。
品数多くなるから意外とめんどくさかった。

しかし久しぶりに刺身作ったけど、意外と何とかなるものね。
骨ぶち込んで、澄まし汁にすればいいから頭使わないでいいし。

刺身にビール。いい季節になってきましたねぇ。
[PR]
by tomo1y | 2006-06-28 20:22

ドラゴン桜とか読んでみたわけです

【鼻についたら申し訳ない。でも、正直に】

ドラゴン桜を読んだんですよ。この間。
結局中退してるわけだからえらそうなことは言えないんですが、
受験というのはそれなりに頑張ったと思う。色々考えて受験してました。

で、最近ドラゴン桜を漫画喫茶で読んだわけですよ。……面白いマンガだと思いました。
しかしだ、このマンガの知識の部分で売れてるとしたらとかって色々考えさせられました。
考えさせられる、と言っても別に間違ったことが書いてあるということではない。
至極まっとうに思える話がもてはやされるというのが不思議なわけです。
私は別に「受験は簡単である」というつもりは無いです。
けども、合格に近づくために努力以外にも方法論があるという風には思っています。

その一つは「選択と集中」という、日常生活でも耳にするような方法論です。
勉強できる時間が無限でないので、効率よく得点が上がるように勉強するべきなのは自明の理です。
そういう前提から考えると、伸びしろの大きい科目(多くの場合は苦手科目)を勉強すべきでしょうし。
アドバンテージの取れない科目は思い切って切る(※)ことも必要でしょう。
そこまで乱暴なことを言わなくても、自分が受験する学校がどのような傾向の問題を出すのか
そしてそれに対して自分の取れる点数はどの程度のものかを常に把握しながら勉強すべきでしょう。
模試の判定はある程度信用していいデータではあると思いますが、
試験を受ける学校の要求するテストにおいて自分がどのくらい取れそうかという自己分析は必須でしょう。

引き合いに出すのも恥ずかしいくらい陳腐な警句で恐縮ですが、孫子にはこうあります
「敵を知り己を知れば百戦あやうからず」
受験勉強を一種の勝負と考えれば、己を知るというのは「自分の実力と能力を正しく把握すること」です
そして敵を知るということは「ありとあらゆる問題に対応できる能力をつける」ことではなく(※)
この学校を受けるために必要な能力は何であるかを分析する力ではなかろうかと思います。

こういうことを気づかずに受験するのは相当に危険なことだろうと思うんですが、
ドラゴン桜の内容がもてはやされるということは気づかないのが普通ということなんでしょうか。
考えてみれば比較的進学校ということになっていた私の高校も変な進路指導(※)があったので
そういうものなのかも知れません。

広範な知識を身につけて受験に対応するって言うのは理想ではあるんでしょうし、
傾向と対策だけで勝負するというのは邪道かもしれませんが、
個人的には間違ってないと思うし、その能力も十分立派な能力だと思うんですけどねぇ。自己弁護か。

あ、マンガとしては面白いんじゃないかと思います。素材を上手く料理してるなぁと思います。
マンガらしく表現はちょっと極端ですけどね。

蛇足ながら、チャート式は最高だと思います。ちなみに黄チャート。
大学の友人が青チャート持ってて凄いと思いました。


受験科目からはずせる学校を選ぶとか、周りにおいていかれない程度の得点が取れればよしとするとか。

いや、勿論出されるであろう問題に対応できる能力は必要ですよ。

私立大学受験する人間に国立受験させようとするとか無茶だろ。
大体本気で合格率あげたいなら、そいつが受かる可能性高い低いを点数だけで判断スンナ!
[PR]
by tomo1y | 2006-06-26 22:09 | 書誌

ぷろろん?

エントリ:プロと素人の境目に加筆。

それについてつづきというか自戒もこめて。

私は公務員をやって糊口をしのいているわけで、これもお金をもらっている以上「プロ」である。
公務員のプロとして(公務員は全員プロなわけだけど)必要な資質って言うのはなんだろう?

一つには、どんな部署に行くか分からないわけで、どこに行っても仕事を出来る興味と向上心。
一つには、誰を相手にするか分からない仕事なので、誰とでもきちんと話ができること。
一つには、法令をきちんと解釈して、その精神に則って仕事が出来ること。
そしておそらく一番大事なのが、きちんと説明が出来ること。

どれもまだまだ足りない部分はあると思うけど、金をもらっている以上、プロらしくしないと。
[PR]
by tomo1y | 2006-06-26 21:44 | 日々思うこと

リベリオン

つってもビデオなわけですが。

下のエントリに関連してGUN-KATAという新しい武道がフューチャーされてる
リベリオンという映画をレンタルしてきて視聴。

話はアレです、マトリックスとかいろんな映画の影響を受けてる感じで
あんまりピンとこない。どっちかというとご都合主義的に見えなくも無い感じ。

しかしGUN-KATAのアクションは素晴らしいと思います。
馬鹿馬鹿しくてカッコイイ。

最後のシーンとか素敵。零距離で拳銃って意味ない気がするけど
「カッコヨサ」は確かにある。

しかし刀のシーンはなぁ……。個人的には松竹の殺陣のほうが好きです。はい。
[PR]
by tomo1y | 2006-06-25 22:03

素人とプロの境目

「MUSASHI GUN道」というアニメがあります。
出来が凄いんです(いろんな意味で)で、それに魅せられた人が
色々とサイトを作ったりしてるんですが、一つものすごいものがあります。

オープニング(プロの作品)
オープニング(勝手な作品)

まぁ、勝手に作った作品がこういう風にネットに上げられていることは褒められませんし
ネットで無料配信されてるからといってココにあげるのもアレかも知れませんが、

勝手な作品のほうがかっこよく見えるのは何ででしょうか。
色々とデジタル機器の低価格化・高性能化というのが進んでいるのをココに見ました。
結局いろんな理由で埋もれていた才能がいろんな形で世に出て行くのかなと思います。

この話、後で詳しく書きます。

【続き】

※以下、下の動画を作った人は「アマチュアである」として話を進めます(※)

二つの動画を見比べてみる。
共に映像の解像度が下げてあるために断言は出来ないのだけれども、
私の個人的感想を言えば下の画像のほうがよく出来ている。

映像分野においても、アマチュアがプロとさほど違いのない物を作れる様になりつつあるということである。
これは結構、映像を飯の種にしている人にとってはは怖いことであろうと思う。
プロは道具を使えるということだけではプロ足りえなくなっていくのだ。

写真・特に銀塩写真(フィルムによって撮られる写真)を考えてみよう。
写真というのは非常に簡単な理屈で撮られている。
50年前のカメラでも十分実用には耐える(※2)し、プロと変わらない写真を撮ることができる
なので、カメラの進歩は「より簡単に・正確に・速く」写真が取れるように進化して来た。
写真の光の具合をあわせる「露出」(※3)は一定の知識を要求したけれど、それは
露出計の進歩によって簡単なことになった。
ピントあわせもオートフォーカスによって簡単に出来るようになった。

これらのことは、もともと人をプロとさせるだけの技術であったけれど
カメラ自体の進歩はその技術だけではプロを食っていけなくしていった。
プロであるから為のハードルが技術の進歩によって上がってしまったのだ。
そして全く機械的な知識が無くても、素人にもプロと変わらない写真が取れるようになっている。

ただ、或る時期からプロは「自分の武器」を磨いて食べている。
営業力であったり、得意分野であったり、応用力であったりで。

多分そういうことが「映像」という分野についてもおきていくのだと思う。
ましてインターネットで今までとは比較にならない人を対象に個人であっても勝負できるのだ。
これは相当に「機材を扱える」という理由だけでプロをしている人にとっては怖いことのはずだ。

ただ、私はそれを面白いと思う。
プロが一層プロらしい仕事をしなければならなくなるからだ。

※1
プロが手慰みに作っているという事を否定できないため。
おそらくプロはこういうことしない……と思うのですが。

※2
例えばライカ。勿論フィルムの種類の問題なんかで使えなくなることもあるし
錆や腐食にやられることもある。でも状態が良くてフィルムさえあれば十分写真は撮れる。

※3
ちょっと乱暴な書き方かもしれませんが分かりやすさ優先で。
詳しくはこちらのWikipediaの「露出」でも参照してください。
[PR]
by tomo1y | 2006-06-24 18:49 | 日々思うこと

エアコン

エアコン!エアコンをついに買ったのですよ。
考えてみれば自分の部屋にエアコンがついてるってのは
……5年ぶりくらいだ。あぁぁぁ、幸せ。
[PR]
by tomo1y | 2006-06-24 18:25

サッカーとかスポーツとか

割とスポーツを見るのが好きだ。
もともとそういうわけでもなかったけど、4年間応援団やってればそうなる。
というわけでワールドカップも見ていたけど、負けちゃいましたね。
死ぬまでに一回くらい、日本代表が優勝するのを見てみたいってのは無理でも、
驚嘆するようなプレーをワールドカップのピッチで見せて欲しいもんです。

というわけでアレだ。一年に一回くらいはJリーグの試合にでも行って、
たまにはトトでも買おうと思います。
金も出さずに強くなれって言うだけじゃ無責任だ。

それで何になるってわけでもないけど、小さなとこからコツコツと!でしょう。
[PR]
by tomo1y | 2006-06-23 20:41 | 日々思うこと

買ったった!

【注意】【CAUTION】
   自慢です
【CAUTION】【注意】

椅子をどうしようかというのが、部屋の模様替えをする前からの悩み事だったんだけど、
夏のボーナスも出たことですし、思い切って買ったった!
これであとエアコン買ったら、もう貯金残高が限りなく0に近づく。わーい。

今乗ってる車もいい加減古くなってきてもいるので(※)今度はそっちに向けて少しお金を貯めますか。
結婚資金?予定が無いからとりあえず問題ない。

ちなみに今回買った椅子は結局オカムラ製作所のコンテッサ
知り合いの事務用品業者さんに頼んだので20%オフ。いやまぁ、十分高いんだけどね。
ま、しかし10年使うと思えば、一月1、000円。一日33円33銭程度。煙草二本分。
こういう考え方すると、月の煙草代とか飲食のお金って馬鹿にならない支出だわ。
煙草二本くらいは何とか減らしてみよう。

結局黒を買ってしまうあたりが私だなぁ。赤にしようという案もあった、いまさらだけど。

結局家ではなんだかんだと言って座っている時間が長い。
いい椅子を使ってQOLを多少なりとも上げたいものだ。


10年15万キロって頑張ってるでしょ。とりあえず次の車検(2年後)までは頑張りたいけど。
[PR]
by tomo1y | 2006-06-22 20:06