<   2007年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

萌え演劇とは……!

サコタ・ブログというのを見つけた。

M.O.E.Projectという劇団(でいいのかな)主宰のブログだそうです。
「萌え」と演劇の融合ってしかしこれは壮大なテーマですな。主に俺にとって。
演劇に限らず、舞台芸術全般……というか芸術全般、何かを表現すべく作品を作るわけですが、
そのテーマが「萌え」ってのは相当に志が高いというか、ハードルが高い気がします。

萌えって、最近変なところでも耳にするようになってきた言葉ですが、
人によっては「萌え=をかし」なんて表現をするくらい、多義的な言葉であったりします。
それこそ、美学における「美」と同じくらい範囲の広い言葉であるように思います。

まぁ、「をかし」にしても「美」にしても「萌え」にしても一番の問題は
何を美しいとかって感じるかは非常にパーソナルな部分に拠ってしまうところです。
それを美学の領域においては、「普遍の美」があるのか無いのか見たいな話を
それこそ延々と考えたり講釈たれたりするわけですが、芸術において美を取り扱う際は
「どうだコレは美しいだろう!」とやるわけです。
ま、エクスキューズとして「個人的な美しさを表現しました」みたいな事言う人もいるわけですが、
芸術の本質ってのは、自分の個人的な思いや経験を人に伝えることにあるはずですから
「個人的に」とか言っていても、「コレはみんなにとっても美しいよね?」という確認作業なわけです。

で、演劇で「萌え」です。
まぁ、色々考え方はあるんでしょうが、結局のところは製作者の「萌え」を
演劇の場において表現すること、そして、その萌えがみんなにとっても萌えだということを
確認するというのが、目標なんでは無いかなぁとか思ったりするわけです。私は。

コレが、「萌えビジネスをつうじて現代の若者の断絶問題を語る」とかだったら
もう少し創作作業として楽なんでしょうけど、「萌え」ってもっそい大上段です。
話は最初に戻って、ハードル高いと思います。

けど、ハードル高いところに挑んでる表現の方が個人的には好きです(※)
頑張ってほしいなぁ……と思います。というか公演見に行ってみようかしらん。

……しかし略称が「モエプロ」ってのはなぁ……なんか色々トラウマがww


ハードル高い、というと「現代の若者の問題を語る」のが楽みたいになっちゃうんですが
もちろん実際そう言うわけではないと思います。
ただ、社会的問題に対しては、一つの回答を示していくことが受け入れられやすいのに比べて
個人的な「萌え」とか「美」ってのは、絶対に受け付けない!と言う人が多かったりしますから。
[PR]
by tomo1y | 2007-05-16 20:57 | 奥深い世界

言及:作劇上の観点から。

まぼろしのつくりもの「性格の曲がった美少女ヒロインばかり」

面白い考察だなと思う。
アニメとかライトノベルに出てくるようなヒロインは性格が曲がってることが多い。
性格が曲がっているというのを言い換えれば、非常に「個性的」である。
個性的といえば、美人でやさしくて主人公に好意を寄せてってのも個性的なはずだけど
確かにそれはあんまりキャラクターが立ってるようには見えないし、
やっぱり美少女ヒロインってのは性格が曲がっている。

実際はアニメやライトノベルに限らず、
ロミオとジュリエットだって、ジュリエットは結構に個性的だし
神話にだって結構個性的なヒロインと言うのは存在してる気がする。
アフロディーテとか性格の悪い神様ですよね。かなり。

コレについてリンク先では
奇人変人コースになりやすい理由として、その方が処女性を構成しやすいからかもしれない。
と語っていて、それには賛成したいが、作劇上の問題と言うのもあると思う。

つまりは、主人公やヒロインってのは少々個性的でないと話が転がりにくいのだ。
ごくごく平凡で善良な主人公と、彼を愛する美しくて気立ての優しいヒロイン。
こういうところではなかなかに物語ってのは紡ぎにくい。

もちろんココに外部的な圧力を加えて、離れ離れにするとか言うのもあるんだろうけど、
こういう形のドラマってのはアニメやライトノベルに今求められてないと私は思うのだ。
悪の魔王がってのは今の読者には好まれていないのではないだろうか。
(もしくはそうだと、作り手とか出版の側が判断しているか)

で、個人主義の深化とかそういう難しいことは分からんけれど、
主人公を感情移入しやすいものにするために、無味無臭化されていっていると思う。
エロゲの主人公的になっていると言い換えることもできるか。

そうなってくるとやっぱり話を転がすのはヒロインと言うことになってきて、
結局物語を動かしうる個性を持ったヒロインが要求されているのでは!
とか思ったり思わなかったり。

コレはもう単純に実感なんだけど、どっちかと言うと
ファンタジーとかでは悪の魔王みたいな話を転がす圧力や
乱世の奸雄みたいな話を紡げる主人公が設定できたりするから
性格の曲がったヒロインは少ないのかなとも思う。
[PR]
by tomo1y | 2007-05-16 01:06 | 日々思うこと

Noism07 追記

Noism07の公演を見ていて思ったことがもう一つあったので追記。
舞台上の席から見ていたので、普段舞台を見ているとあんまり見えることの無い、
どちらかと言うと普通の動きと言うのも見ることができた。

これも演出の範囲内なんだろうけど、
ダンサーの動きはやっぱり歩いているだけでも美しいと感じた。
武道をやっていて高段者の動きと言うのも見る機会があって、
それもとても美しいものだったんだけれど、チョット違うように思う。

それは舞台と言うところでの動きだからなのだろうか。
……とすると、舞台上の動きはすべてダンスといえるんだろうか。
でも、舞台じゃないと彼らダンサーは踊れないわけではおそらく無くて、
例えばワークショップで学校の教室行ってもそこら辺の道端でも踊れるだろうと思う。

単純に私が「ダンサー」をありがたがっているだけなのかもしれないけど、
それはなんか違うと思いたいし、別にありがたがるほどそもそも知っちゃいない。

逆説的に動きがダンスだと理解されるような人をダンサーと呼ぶのかもしれない。
そうするとただそこにあるだけで彼はダンスをしてるってことになるのだろうか。
それもチョット無理があるか。

ぼちぼちダンスも見ながらこの辺考えてみたい。
[PR]
by tomo1y | 2007-05-14 22:54 | ○○に行ってみた

ダンスとか演出とか。

金曜の夜、仕事でかかわりのある団体の方が海外に長期で出かけると言うことで、
壮行会という名目の飲み会。日本酒バーと言うことでなかなか美味。
……それなりに値段もしちゃいましたが。

そこでいろいろと話した話。

一つ前のエントリに一体どうやってダンスとか演劇とか演出するんだろうと書いた。
文学やソロの音楽と違って、完璧に自分の思い通りにできない表現って
演出家にとってどうなんだろうかって話なのだが、
酔った勢いでそんな話をしていたら、
それは結局「関係性」なんじゃないかと言う言葉があった。

なんとなく腑に落ちた。
その関係性の中で生れ落ちていくものを、選び取っていく作業が
演出ってものなのかなとかって、思ったわけだ。

考えてみればそんなようなことが先日読んだ平田オリザ氏の本にも書いてあった気がする。
……文脈をすり合わせるというような話だったか。

なんか仕事がらみの飲み会の席でこんな話できるって素敵かも。
[PR]
by tomo1y | 2007-05-13 19:04 | 日々思うこと

コンテンポラリーダンスを見てきました。

出張から帰った勢いで、シアター千住で行われたダンス公演
「Noism07 PLAY 2 PLAY -干渉する次元」を見てきました。
ノイズムって、新潟の公共ホールのもってるダンスカンパニーなんですよね。
公共ホールがダンスカンパニー持ってるとかすごすぎるだろ。マジで。

で、コンテンポラリーダンスとか初めてですよ。
しかも、調子に乗って舞台上座席とかにして見ました。近い。超近い。
正直なにもわかんないけど、思ったことを書いてみる。

1:
バレエ見たときも思ったけど、人間の身体ってすごいよなぁ。

2:
あの複雑な動きを、どうやって演出するんだろうか?
見せて伝えるようなものなのかな?演出家が踊って教えるのか?
というか、2人が絡む動きをどうやって演出し切れるんだろうか。
ある意味で、完全に演出することのできない芸術なのかもしれないなぁ。
だからこそ逆に面白いとか、逆にすごいものが生まれる可能性がある、のかな。

演劇とか、映画も同じかもしれないなぁ……。

3:
近すぎて、ダンサーの吐息が聞こえたり、汗のしぶきが見えたりするのは素敵。

4:
今日の演目が……なのかもしれないけど、なんつーかエロい。
セクシーなものを非常に感じました。これ、正しい感想なんだろうかww

5:
舞台上客席って、通常の客席と反対側から見ているから、考えてみると
通常の演出で見れてないんだよなぁ……。もう一回見ないといかんのかしらん。

全部分かったなんていえないですが、でも面白かった。というか70分が長くて長くて
正直集中させられて疲れました。面白いものをみるといつもこうだよ。
アフタートークも聞きたかったですが、出張疲れもあったのでおとなしく帰りました。

しっかしダンサーのひとらカッコいいわー。結婚して欲しいわーwww
帰りにシアターの地下に降りたら、丸井の地下街で安くお惣菜が買えました。最高。
[PR]
by tomo1y | 2007-05-10 22:36 | ○○に行ってみた

北海道に行って見た。

行って見たというか、仕事で行かされた。んですが。
仕事の内容は色々問題がありそうなので書きませんが。
なかなか忙しい出張になっちゃいました。

1日目
朝、札幌まで向かうため羽田へ。10:30の飛行機に乗るつもりが
取ってたチケットは11:30。手帳見ると11;30の飛行機に乗れと書いてある。
一体何を俺は勘違いしていたんだろうか。あー。朝寝れたのに。
だらだらと時間を潰して飛行機に乗る。
千歳で一緒に出張行く人と落ち合う。連休明けだったり、
マイレージの都合やらで、結構みんなバラバラの飛行機で千歳に集まってる。

タバコ吸ったりしながら時間潰していると、利尻行きの飛行機が欠航。
外に出て色々調べるが、結局その日中には着けない事が発覚。おーい。
とりあえず振り替えて稚内まで飛ぶ。誕生日だってのについてないぜ俺。
そして稚内は絶望的なくらい寒い件。クリーニングに出したコートもって行くのが惜しみました。
寒いです。本当寒いです。というか3℃とか駄目だろ。
昔両親が稚内に住んでたらしいから一度行きたい土地ではあったんですがね。

稚内ではとりあえず打ち合わせと連絡して、善後策を片付けました。
で、次の日の朝一のフェリーで利尻に渡って、すぐ稚内に戻って留萌に向かうことに。
ハード!超ハード!ホッケ食って寿司つまんで温泉入って寝ました。
……てか何にもしてねぇ!今日仕事してねぇ!

2日目
朝5時おき。6時半のフェリーに乗るので六時前にホテル出発。
もう一回温泉入りたかったんだけどなー。北防波堤ドームはなかなか素敵。
e0007446_2254341.jpg
そっからフェリーに乗ると稚内の全景が見える。素敵ね。
後はフェリーの中で寝てた。とにかく寝てた。
利尻についてからはすぐに打ち合わせに入る。2時間ほど滞在して利尻の港へ。
利尻山が綺麗。てっぺんが見えなかったのが残念。
e0007446_2273139.jpg
帰りのフェリーからは非常に綺麗だった。
うーん。本番の事業の時にはてっぺんも見たいのぅ。
で、そっから稚内に戻って昼食。海鮮丼うめぇ。
留萌までは車で4時間弱。5時に到着。で、また打ち合わせ。しんどい。
留萌の方とご一緒して夕食をとって寿司食って寝る。

3日目
今回の出張の本番の仕事を午前中がーっと。
詳しく書きませんが楽しいっていうか面白いっていうか。仕事楽しいのって最高ですね。
んで昼過ぎには留萌を出発して札幌へ。ホテルがなぜかニューオータニ。6000円って安くね?
風呂広すぎね?てかツインだから部屋が確実にアパートより広いんだぜ?
札幌着いたら4時過ぎで、また打ち合わせして酒などのんで寝る。
ススキノ……にいく金は無い。

4日目
やっと朝ゆっくりねてられた。んで、午前中さらに打ち合わせ。
打ち合わせの前には北海道庁をちらっと眺める。(歩いてたからね)素敵な建物だー。
打ち合わせのついでの雑談で聞いたある美術スペースがすごく気になる件。
んで、昼にラーメンいただいて千歳へ。そして東京へ到着。
なんだかとても密度の濃い4日間でしたよ。

観光したかったなー。いや、しごとだからむりだけど。
しかし北海道って、こんなに本州と違うとは思わなかったですよ。
広いしでかいし。亜寒帯ってすごいよね。なんか全体的に高原っぽいし。
道が素敵過ぎるので絶対バイクで行かないとアカンわ。行こう。夏行こう。
[PR]
by tomo1y | 2007-05-10 22:18 | ○○に行ってみた

もう連休も終わりです。

明日から仕事ですねぇ……。

だがしかし明日から北海道に出張~!
初北海道~!帰ってきたら既に木曜日~!
社会復帰できるんだろうか俺は。

昔から一度行きたかった土地だったのですが、
残念ながら初めての北海道は仕事と言うことになりました。
ま、逆に観光だったらなかなか行かないようなところにいけるので
それはそれで楽しんでこようかと。ガラガラ大活躍の予感でございます。

しかし出張中の移動時間が長い。北海道恐るべし。

【どうでもいい話】
「はじめてのほっかいどう」
ってかくとなんか萌えない?俺だけ?
「はじほく」とか言っちゃうよ俺は!

……意味が分かった人はほっといてください。
[PR]
by tomo1y | 2007-05-06 20:35 | 日々思うこと

丁度私も年収300万円くらいでしょうか。

なかなか興味深いエントリがあった。

Je vous en prie「曲がった性根」

20代後半で私の年収ってのは、高いとは言わないまでも、少なくも無かろう。
今年は出向した関係で、額面自体は増えるだろうが、可処分所得はまぁ変わるまい。
という年収について、先にあげたエントリでは「平均であることは知っている」と書かれている。
でまぁ、「だからといって蔑んだりはしない」んだそうだ。(※1)

ただ、そう書きながらそれでいいのか?という問題提起をされている。
ただどうもその問題的は的を外れているんでは無いか……と私なんかは思う。
住んでる場所によっても生活費は違う。例えばうちの田舎じゃ
私学に子供をやるって選択肢は現実的に無かったりする。
進学校が公立高校だったりするのですよ。

そもそも、自分が口に糊するためのお金と言うのは、自分で決める物では無いだろうか。
もちろん、数千万の稼ぎを持ったことは無いから分からないけど、
私は今の稼ぎで十分に幸福感を得られる生活をしている。

それが既にしょうも無いところで満足しているのだといわれればまったく返す言葉も無いが
数千万円の年収が無ければ幸せを感じられないんだとすれば、
私の方から見れば効率の悪い生活を送ってらっしゃるのだなぁと思う。

いずれにせよ、人をあげつらって言い立てることだろうか?人は人でよかろうと思うのだがなぁ。
つーか、多くの人が年収1千万ということになれば、それはインフレか、
若しくは当たり前すぎてべつに金持ちでも何でもないという話になるような気も。

※1
蔑む気持ちが無いなら、そもそもこんな言葉使わなきゃ良かろうに……とは思う。
「それは知っています。それはそれでいいと思います」で済む話。
偽悪的なのか、それともものを書くと言うことに慣れていらっしゃらないのか。
[PR]
by tomo1y | 2007-05-06 00:19 | 日々思うこと

あそびにいったついでに

秋葉のほうで集まろうっつー話をいただいたので、秋葉に行ってきた。
多少こっちの方が早くつきそうなので、ついでに献血に行ってきた。
献血ルームが丁度秋葉原にあるのだ。コレが我が家から一番近い。
血液検査もついでにしてもらえるので、献血が結構好きだったりする。
ほかになかなか頑張れるボランティア活動なんつーものも無いわけだし。

受付を済ませて待っていると、そろそろ着くという連絡を貰った。
ま、大体10分あれば私の場合400cc取れるから心配してなかった。
んで、問診をうけて、血液検査をしてもらう。比重はクリア。
で、ALT(GPT)の数値が引っかかった……あははー。
下がってはいるんだけど、もすこし下がらないと献血は受けてもらえませんとのこと。
まぁ、時間的には丁度良かったのかもしれない。
結局その後ぶらぶらしてカラオケ行って酒飲んでるから、気にしてないのかなぁ。
もすこし肝臓をいたわってやってから、また献血に行こうじゃないか。くそぅ。

しかしお茶は出るし漫画は置いてある。
時間潰すには悪くない場所です。献血しませんか?
[PR]
by tomo1y | 2007-05-06 00:14

最近買った本についてなど(漫画編)

・デトロイト・メタル・シティ 3巻
相変わらずといえば相変わらず。面白いけどね。ただなんかバトル路線に走っていっているような気も。コレはひょっとして男塾とかの正統後継者なのかしらと思ったけど、主人公の根岸君はメタルをやってる「僕」をある程度客観視してるからなー。この辺が時代なのか知らん。

・ヨルムンガンド 2巻
ココに萌えた。そしてチナツに萌えた。「ぱんつはいてない」は反則でござるよ。
あとレームにも萌えた。

・邪眼は月輪に飛ぶ
ジュビロ師匠は最高だねぇ。熱いよねぇ。またうしとらとからくりを読まねばならないです。結構ケレン味のある漫画家さんだと思うのですが、ほんといろんなところで評価高いですよね。このマンガも面白いです。……てかねー怪異とじじいが戦うってだけでもう十分。怪異をいちいち説明しないってのも素敵です。

・少女ファイト 2巻
比較的珍しいバレーボール漫画。……いや、結構あるか。弓道よりは多いな。これもしかしあっちーなー。スポーツマンガで初心者をチームに組み込むってのは常套手段ではありますが、これがどうころがるんでせうか。まぁ、長谷川留祢子がかわいいからいい。

・おおきく振りかぶって 7巻
桐青戦も佳境でございます。このペースでの連載だとどこまで行くんでしょうか。まだ西浦は1年生チームなので、個人的には3年間描いて欲しいと思うのですが、厳しいか?安易に甲子園出てほしくないかなぁとか。ま、いがいとアフタヌーンは我慢強い雑誌と言ういんしょうがあるので。なんとか。今回も田島くん素敵でした。
田島くんは無邪気な攻めで……しょうか。

・ハヤテのごとく 10・11巻
なんか落ち着いて読めるようになっちゃったなー。ヒナギクさんが素敵でした。
あと咲夜。料理上手な突っ込みキャラってすてきですよね。んむ。

・史上最強の弟子 ケンイチ 24巻
我流Xが素敵でした。ってか。ケンイチよりもっと師匠を映せ!とテムレイっぽく言ってみるテスト。
[PR]
by tomo1y | 2007-05-03 17:53 | 書誌