<   2007年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

芸術と財政難

未定なブログ「財政難なのにヘアヌードを撮影するような写真家に金は払えない。」アラーキー芸術論争、佐賀県と県議会が激突

( ´ー`)フゥー...
【論点1:資金面】
企画展として入場料が大人子供平均して900一人900円上げられるとすれば
20,000の入場者で事業費がペイする計算になります。
最低限800人の参加者が見に来るんだとすれば、その関係者を加えて
そう無理のある数字ではないのではないかなと思います。

たしかに20,000人の入場者数は結構高いハードルなのですが、
美術館に来たお客さんが他の場所でお金を落としたりする可能性もあるわけで。
そう言うことをトータルで考えてさほど無茶な企画とも思えないのですがね。
美術館に来る習慣をつけるきっかけとしては悪くない企画だと思います。
アラーキー氏の知名度も高いですしね。

【論点2:芸術面】
ヘアヌード撮ってることが問題という発想がどうでしょうか?
芸術家の作品について、公序良俗の面から云々すること自体間違いだと思います。
ある意味では公序良俗を突き崩す力を持っているのが芸術で、
そうやって当たり前の常識を考えるきっかけを与えてくれると思うのです。
だからこそそこには自由が認められているわけですし。
確かに氏の作品は猥雑ですが、芸術性の高い写真もたくさん取られてます。

大体議員さん連中はせめて写真集でもきちんと見たことがあんのかと。
氏のヘアヌードしか見てないんだとしたら、それこそカッコワルイ話だろうに。

【写真について】
写真の展覧会とかは撮るアマチュアの人も多いので
結構確実に人を呼べる企画だったりしますしね。それを認めないのはつらいぞーとかも思う。

【ブログに記載されている2chのレスについて】
>5 :名前をあたえないでください:2007/09/30(日) 10:58:23 ID:QMrfPQCg
>1800万円を回収できるならいいんじゃね

何を持って回収とするかが難しいですよね。
金銭的にペイせよということなら容易ではないでしょう。
他の経済効果や、佐賀県と美術館の地位向上みたいなものもあるでしょうし
観覧者や参加者の満足というのもなにか考えるべきでしょうね。

>33 :名前をあたえないでください:2007/09/30(日) 11:44:58 ID:oiYg7v7C
>1800万円なら安いだろ
>佐賀の宣伝費としては

いいところ突いてる気がします。宣伝にもなってますね。
……宣伝効果をねらって県議さんがこの発言してるとしたら最高なんですがww

>35 :名前をあたえないでください:2007/09/30(日) 12:15:03 ID:ZTBW177L
>文句たれてる馬鹿議員は今まで5回行われたプロジェクトもちろん確認したんだろうな?
>してないか、こんなあほな事言うってことは。

議事録が見たいところですね。ただ、私も確認してないような気がします。
行われている回数は必ずしも問題ではないのですが、類似のイベントが
どの程度ペイしてるのかしていないのかは考えるべきでしょうね。

>36 :名前をあたえないでください:2007/09/30(日) 12:20:11 ID:3eYvzOD2
>つか、誰も見に来ないんじゃないか? 一般人の顔なんて

ありふれたものであると認識されてる一般人の顔を
プロはどう撮るかって言うのには私は結構興味あったりしますけどね。
コメントに書かれてる方もいますが、そのほうがお客さん増えたりもしますし

>財政難なら芸術に金を投入するのは一番後なんだぜ?(コメント欄より)

佐賀県が芸術をどう捉えているかでしょうね。
ただの「余暇」であるのならば、確かに1800万は多いかもしれないですが、
芸術振興によって得られるモノを、きちんと政策の中に位置づけられていれば
必ずしも財政難だからといって芸術のお金を削ることにならないでしょう。
例えば交通事故死より自殺してる人の方が多い時代ですから……ね。
ひとの心に影響を及ぼせるものだと位置づけられればはなしは違うかなぁ。
(まぁ、定量的に測定するのが非常に難しいんですけど)

【総括】
美術館はただの箱ですからね。
まぁ、美術品や文化財を保護する大事な箱なんですが、
箱だってだけで置いておくのは難しいでしょうから、
何を果たすべきものなのか考えて作らないといかんのですが、
佐賀県のこの状況を見る限りは、ちょっときちんとしたコンセンサスがとられてない気もします。
コレをきっかけにして、県の芸術文化振興についてのコンセンサスを考えて欲しいもんです。

よその県だからかんけいないっちゃ無いんだけどww
[PR]
by tomo1y | 2007-10-01 00:23 | 日々思うこと