ネット上の古文

ネット古文」と題された文章をはてなの匿名エントリで読みました。

ネットにつなげる環境を手にしたのがおそらく97年の春ごろ……では無かったかと思う。
当時高校二年生だったので、まぁ、どっちかと言うと珍しいほうだったと思う。
それから数えて丁度10年もネットを見てる。

自分から積極的に情報発信をしたわけでもないし、
ただそこにある文章やら画像やらを見ているだけなわけなんだけど、
ネットの古文と言うことを考えると、一般的なネット状況のわかる
早めの世代になるのかなぁという気がしております。
そのうち「あの頃は大変だった」と言うようなことを語れるような世代になるのかしらン。

先日2chの管理人のひろゆきの書いた『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?』を読んで
ネットが社会を変革しないという内容に同意する部分もあるのだけども、
ネットが変えてるものも確かにあって、その変化を知ってる世代ではあるのかなぁと。
まぁ、そのうちジジイの戯言と言われる時代も来て、それはそれでいいと思うんだけど。

ネット上のリソースに対して気を配らねばならぬみたいな
今ではあんまり省みられない観念を持ち続けてるのは、当時の状況を知ってるからかも。

ブロードバンドが一般的になる前後どちらでネットにはまったかでその辺は
分断があるのかもしれないと言う気もしたりしなかったり。
[PR]
# by tomo1y | 2007-08-28 21:21 | 日々思うこと

さて、三日目。

暑い。とりあえず暑い。つーかとにかく暑い。
Flack氏と合流して適当に昼食を取ってからビッグサイトに向かう。
と、二日目を大幅に上回る人の波があった。
そして、二日目とあからさまに違う客層。明らかに男が多い。
まぁ、男性向けの日だしね。

とはいえ、結局エロはほとんど見向きもせずに、評論とかの関係の同人誌ばっかり見て回る。
たしかに、そういう情報っていうのは、これでもかと言うくらいネットに氾濫している。
漫画だったり小説だったりした方が、紙媒体で読む意味があるというのも事実だけど、
でもやっぱり紙の上にまとめられた情報って内容以上の価値が生まれている気もします。
保守的なのかもしれんかなぁとは思うわけですが。

単純に目に優しいというだけじゃなかろうと。

ちなみに気がついたら32冊買ってた。結局最終的にはカバンの容量に負けた感じ。
変なスイッチ入っちゃったよ。

以下買った中で結構グッと来たやつ。
・なんかボールペンの紹介本
文房具好きなんで堪らない感じ。
ハンズの文房具売り場とか用もないのにダラダラいるタイプなんですよ。私は

・焼きにくくい放題の店レビュー本・東京近郊版
食い放題の焼き肉に特化した本
最近確かに焼き肉焼き肉って感じではないのですが、好きなんで。

しかし本当に下らない(褒め言葉)本がたくさんあって好きよ。
[PR]
# by tomo1y | 2007-08-23 21:28 | ○○に行ってみた

今週のグレンラガン。

二十四の瞳ですか。今日は。
自転車がスクーター(らしきもの)になってたりしますが。
ちょうど12人子供がいますしやっぱり二十四の瞳かと思います。

話はほとんど進んでないわけですが、やっぱり熱いよなぁ。
空の風景のシーンも初期の話とリンクしてるわけで。
ある意味ではココまでの大人しめの話をリセットさせてきてるわけなんでしょう。

ヨーコの戦闘シーンとか、一体どうやってスクーター運転してんだよって話ですが。
なんかもうそういうのどうでもいいや。カッコイイは正義!
リアルなアニメって言うのも凄いわけだけど、デッサン狂ってようが
現実感なかろうが気持ちいい動きって言うのはあるわけで。

あと檜山さんを叫ばせるのは汚いです。それだけで熱いもん。
脚本の熱さを考えると劇団☆新感線も見に行かなきゃなー。
[PR]
# by tomo1y | 2007-08-19 09:10 | 日々思うこと

もうなんかオタク全開で行こうじゃないか。

引く人は引いてくれていいと思います!やっほーい!
まぁ、正直に生きるのは悪いことではなかろう。
……社会性はそれなりにあると思うんだけどなwww


コミケにいってきたわけですよ。
明日もまぁ欲望の園に行くわけですが、反省点とか色々書いておきたいと思います。

いろんなサイトで言及されていますが、準備って大事でした。
ほとんどそゆこと考えずに一人で行ったので、ちょいと失敗だったわけです。
ぶらぶら見てるだけでも面白いといえば非常に面白いんだけどね。
それだけじゃ駄目なわけでした。必要なものはやっぱり必要です。

んで、準備するべきものを以下に列挙。

1:お金
1000円単位のお金は確かに用意しておくべきです。
あとは許す限り持っておかれていいんじゃないかと思います。
ないと楽しめないのかといわれると、あったほうが楽しい気がします。

2:カバン
確かにトートバックが便利。あとはとにかく出し入れのしやすいカバンでしょうか。
シザーバックとか便利かなぁという気がします。
リュックは結局前に回したりが不便な気がします。邪魔って言うより
単純に不便だと思います。
ただ、本入れるカバンと、ものを運ぶ本は別にしたほうがいいのかなぁ。

3:タオル
コレは持っていって正解。複数枚あったほうがいいのかなぁと言う気がします。
個人的には手拭いオススメ。かさばらないですし。和ですよ和!

4:ボディーペーパーの類
あったら便利だと思います。でも必須ではないのかなと言う気がします。

5:飲み物
コレは必要不可欠だと思うんです。が、
夏のポイントとしてはあえて冷えてなくていいのかなぁと言う気もするんですよね。
水分としてみればそのほうが正解な気がするのですよ。
そう考えると会場でもそれなりに購入できる気もします……が
なかったらアウトなんで、一本はカバンに入れとくべきでしょうな。
ただ、こまめな水分補給は必須かと。

6:カタログ
カタログはひょっとしたらなくてもいいのかもですが、
きちっと下調べをしておかないと楽しめない気がするので、
買っておくべきなんでしょうなぁ。大体かわねーとコミケなくなりかねませんし。
自分の居場所を護るために投資するってのは大事なことだろうと。

コレを買う!って決めなくても、ジャンルとかをそれなりに
分けた地図と、目当てのサークルさんの場所はチェックしとかないとです。
カオスッぷりについていけませんよもうねww
[PR]
# by tomo1y | 2007-08-18 21:27 | 日々思うこと

映画塾シナリオ選考。

読む時間がとれそうになかったので、昨日帰ってからがさっと読みました。
今回シナリオ送ってもいないので、個別のシナリオをあーだこーだはかけませんが
覚書として、私がシナリオを選んだ基準。

……というか、見切った基準。
完璧にこの基準だけで選んだってわけでもないですが。

1:見た目
映画塾のシナリオ集みたことのない人には酷いかもしれませんが、
基本的に送られたシナリオをそのまま印刷されてるわけで、
それが極端に読みにくいのは、結構問答無用で切りました。
自分ひとりで作るためのレシピじゃないんじゃないかという、私の基準です。
別に体裁に決まりがあるわけでもないですけどね。

2:明らかに長いもの・推敲してなさそうなの
5分制限なんで、5分になんとかなりそうなもの。
確かにわかんないところもあるんですが、
明らかに台詞口に出して読んだら、これ長すぎだろうってのは切りました。
書いたら一応読んでみたほうがいいと思うんですよね。

台詞を適宜はしょってとかテンポよくとかは、なんか脚本に書くことでは無いきもした。


勝手な言い草なわけですが、だれかに読まれることを想定して書かないのは駄目だと思う。
自由にのびのびと表現するってことと、好きに書くことは違うのかなとか。

正直その基準でぶった切ってからあとは好み。
傾向はやっぱり偏るんだよなぁ。

しかし読むとやっぱり書くんだった!とおもうのよねぇ。
[PR]
# by tomo1y | 2007-08-01 22:48 | 映画とか